アナ・ヴィドヴィッチまもなく来日



人気のギタリスト:アナ・ヴィドヴィッチがまもなく来日。以下の通り、関東を中心に5ヶ所で公演予定だ。

ana-vidovic_20150928011528dc8.jpg  ana playing

<公演日程>
■6月15日(水)18:30
茨城/小美玉市四季文化館(みの~れ)
森のホール 
ゲスト共演:角圭司(ギター)
【問】ギター文化館0299-46-2457

■6月16日(木)19:00
東京/Hakuju Hall
【問】同ホール03-5478-8700

■6月17日(金)15:00
神奈川/横浜市青葉区民文化センター
フィリアホール
【問】同ホール045-982-9999

■6月18日(土)17:30
群馬/前橋テルサホール
【問】前橋市民文化会館027-221-4321

■6月19日(日)15:00
名古屋/宗次ホール
【問】同ホール052-265-1718

<プログラム> 全国共通
J.S.バッハ(バルエコ編):無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1番ト短調BWV1001
武満 徹:「ギターのための12の歌」より
オーバー・ザ・レインボー/イエスタデイ
タレガ:アルハンブラの想い出
アルベニス:「スペイン組曲」 Op.47より
グラナダ/アストゥリアス
パガニーニ:グランド・ソナタ イ長調
バリオス:大聖堂/神の愛のほどこし
トローバ:カスティーリャ組曲

2010年、2012年、2014年、そして昨年2015年と、近年しばしば来日しているアナだが、不思議というか意外というか、近年の来日にうち、2010年、2014年、2015年と当地北関東の片田舎へ来演している。そして今年も…。2010年、2014年の公演は拙宅のごく近所で開かれたこともあって、ともに足を運んだ。

 2010年10月30日来演の記事
 2014年7月6日来演の記事

一昨年2014年の公演は近代の本格的なソナタ3曲(トローバ、トゥリーナ、テデスコ)を取り上げるという意欲的なプログラムであったが、今回は少々敷居を下げ、上記のようなデパート型クラシックギター王道プログラム。バロックから近現代まで取り揃えている。チケットの状況は分からないが、<クロアチアの宝石>との再会を楽しみたい向きは、足を運んでみてはいかが。


トローバ:カスティーリャ組曲、大聖堂…のさわり。


アルハンブラ、アストリアス、イエスタデイ。冒頭のアルハンブラの想い出で、通常右手のi,m,a(人差し指、中指、薬指)を使うトレモロを、アナはi,mだけで弾く。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)