パーテルノストロ&ヴュルテンブルクフィル:ブルックナー交響曲全集



前回の記事でクレンペラーのブルックナーの第9を聴いたあと、ブルックナーを集中リスニング。オジサンのブルックナー魂に火が付いてしまった感じだ(^^; 学生時代から少しずつ集めた歴史的名演と称されるLPもあるにはあるが、ブルックナーの複雑な和声や管弦楽の仕組みを聴き取り、楽しむには、やはり新しい録音も欲しくなる。かねてよりそんなことを考えていた折、数年前に出会ったのがこの盤だ。


basilika-weingarten (2)  DSCN0970 (480x480)


パーテルノストロ指揮ヴュルテンブルクフィルの演奏するブルックナーの交響曲全集。1から9番に加え、習作のゼロ番とテ・デウムも併録されている。いわく<激安ブルックナー全集>…CD11枚組で1,132円(購入当時)。千円ちょっとでブルックナーの全集ですよ、オクサン! だいぶ前に一度記事にしているが、再掲しておこう。

指揮者のロベルト・パーテルノストロは1957年ウィーン生まれながらヴェネチアの家系とか。晩年のカラヤンのアシスタントを務めたとのこと。ぼくはこの盤で初めて知った。ヴュルッテンブルクフィルは南ドイツ・シュトゥットガルト郊外のロイトリンゲンの本拠地を置く。2001年から2007年まで日本人の飯森範親氏が音楽監督を務めた。同団のWEBサイトをみると日本人のメンバーも数名在籍している様子。この全集は90年代後半から2000年代前半にバロック様式のヴェインガルテン大聖堂でのライヴ録音で2009年にリリースされた。何より注目されたのは全集CD11枚組で廉価盤CD1枚ほどの値段。こういうCDに激安、爆安のキャッチコピーを付けてセールスが上がるのかどうか分からないが、「あまり知られていない演奏家だがどうだろう。まあ安いからと、とりあえず聴いてみるか」という諸氏は多い様子。ぼくもその一人。リリースされてすぐに手に入れた。当時の値段は1,300円ほど。ネットを検索すれば、多くのサイトでこの盤を手にした好事家諸氏の寸評がみられる。

演奏は悪くない。ドイツの地方オケの、日常的演奏のレベルの高さを実感する。長い残響を伴う大聖堂での演奏、それもブルックナーとなれば、それだけで70点くらい取れそうな条件だが、実は残響を生かしながら各パートをクリアに録音するのは至難の業に違いない。あまり配慮せずに録ると、風呂場で演奏しているような音になってしまうだろう。この録音には1枚ごとにエンジニアの名前がクレジットされている。おそらく多くのマイクを立ててマルチ録音をした上でミキシングに腐心したことだろう。その結果、11枚のCDは少し音の状態に違いがある。但し、すべてに言えることは、大聖堂の残響に頼ることなく、かなり細部をクリアに、ときにはオンマイク過ぎるのではというほど音像を近く定位させている点だ。総じて弦楽器は適度な距離感とクリアさを保っている。コントラバスの音程もしっかり聴き分けられる。一方、管楽器群の録り方は盤によってかなり異なる。例えば第7番など、弦楽器群は整ったバランスでよく歌うが、管楽器群はやや前後の遠近感に違和感があり、木管群が遠く、金管が近く感じる。この盤を聴いたあとでブロムシュテット&SKDのCDを聴くと、さすがに格の違いを感じてしまう。SKDの各セクションの音は実によく整い、ルカ教会での録音も左右の広がり前後の遠近感など万全だ。しかしこの盤は、大聖堂での録り直し無しのライヴという条件を考慮すれば、演奏・録音ともに大健闘だろう。もっともこんな感想は、かなり根掘り葉掘り、重箱の隅をつつくような聴き方が故かもしれない。

この手の盤の常として売り切り御免ですぐに廃盤かと思っていたら、まだ在庫がある様子。ブルックナーは何だか苦手という人に今更薦めるつもりはないが、4、5、7、8、9番しか手元にないといった諸氏はこの盤を手元においてみてはどうだろう。

ヴュルテンブルクフィル演奏。地元密着の地方オケという雰囲気の動画2本。
地元の銀行(Volksbank Weinheim;ヴァインハイム国民銀行?てな感じかな)の新年演奏会のようです。


地元ショッピングモールでのデモ演奏。ドイツといえども地方オケは地元密着のこうした活動が必要なのだろう。おっと、0:17と1:14に顔が見えるのは元シェフの飯森範親氏ではないカイな?



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まさしく

飯森さんですね~! 時々こういう仕掛けをすることが、クラシック界には必要だと思いますね。飯森さんが音楽監督をしている山形でもやっているようですよ。
それはそうと、ドイツの聴衆がみごとに年配者ばかりなのがなんとも(^o^)/
山響の演奏会の後、女子高生や中学生が鈴木秀美さんをアイドルを眺めるように見つめている図なんてのは、貴重な事なのだと逆に実感しました。

Re: まさしく

クラシック音楽界もマネジメントや企画力が大きな要素になって久しいですね。もちろん、ベースの音楽がきちんと出来ているのが大前提でしょうが…。飯森さんはその点とても秀でていると思います。
当地群響の演奏会も年配者が大半を占めますが、管楽器ソロの曲などあると、部活で吹奏楽をやっている中高生の姿が目立ちますね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)