クレンペラーのワグナー管弦楽曲集<1>



いや~、きょうは暑かった。いきなりの猛暑日。関東内陸部では軒並み38℃近くまで気温上昇。幸い夕刻には涼しい風が吹いてきて、深夜まで熱気ムンムンというほどではない。夏本番はまだまだこれからだ。さて、七夕の夜。何事もなく終了。暑気払いというわけでもないが、初恋の味カルピスで一服しつつ、こんな盤を取り出した。


201607_Klemperer.jpg


オットー・クレンペラー( 1885-1973)とフィルハーモニア管弦楽団によるワーグナー・アルバム。
LP時代から繰り返しリリースされ、CD時代になっても何度か再発されている。EMIはこの十数年間にHS2088やらARTやら何度かデジタル化のマスタリングプロセスを変えている。手元のこの盤は2006年に廉価盤で出たときのもので<24bitリマスタリング>とだけ記されていている。1960年キングスウェイホールでの録音。ワーグナー管弦楽曲集<1><2>と二つのアルバムにワーグナーの主要な管弦楽曲が収録されている。Vol.1のこの盤の収録曲は以下の通り。

1. 歌劇「リエンツィ」序曲
2. 歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
3. 歌劇「タンホイザー」序曲
4. 歌劇「タンホイザー」第3幕の前奏曲 “タンホイザーの巡礼”
5. 歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲
6. 歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲
7. 楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と“愛の死”

演奏は今更くどくど駄文を連ねる必要もない評価の高いもの。今夜久々に少しボリュームを上げて聴いてみて、あらためて感心した。まず音楽の捉え方が整然としていて実際の音作りも極めて明晰だ。もちろん重厚な音の積み重ね、悠然としたテンポ設定などはいかにもドイツの権化;ワーグナーに相応しい。しかし決して混濁せず、熱気で押し切るようなところがない。晩年のイメージから独墺系の重鎮をイメージするクレンペラーだが、若い頃は現代音楽を積極的に取り組んだというから、音楽の基本的な組立ては明快で冷静なのだろう。リエンツィ、オランダ人、タンホイザーと3曲続けて聴くだけで、クレンペラーの特質、音楽作りの方向性はよく分かる。

またこの盤はリマスタリングの成果もあるのか音質も良好。さすがに最新録音と比べるとレンジはやや狭く、解像度も劣るだろうが、各パートの分離は中々よく、一つ一つの楽器やパートが糸を引くようにきれいに分離してピックアップされている。当時2000席を誇ったキングスウェイホールだが(80年代半ばに閉鎖され、その後はホテルとして運営されている由)、残響はやや短め。このあたりの録音条件も明晰な音楽作りにつながっているように思う。更にクレンペラーの指示でヴァイオリン群の対向配置をとるフィルハーモニア管の演奏能力も極めて高い。弦楽群のソノリティーはよく整っているし、オーボエなど木管群の音色も印象的だ。また時折繰り出すホルンの強奏も迫力十分。このオーケストラの創設者ウォルター・レッグが腕利きのミュージシャンを集めただけのことがある。ワーグナー・アルバム数々あれど、このクレンペラー盤はフルトヴェングラーやクナッパーツブッシュなどとはまったく異なるアプローチながらも、ドイツ的な重厚さを存分に味わえる名演だ。


この盤の音源。タンホイザー序曲


同。ローエングリン前奏曲。


売り出し中のヤニック・ネゼ=セガン(1975- )とバイエルン放響によるローエングリン前奏曲。
ヤニック・ネゼ=セガンは先月フィラデルフィア管と来日。来年からはジェイムス・レヴァインの後任としてメロトポリタンのシェフになるとのこと。




★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)