クレツキ&チェコフィルのベートーヴェン全集



本日も業務に精励。8時少し前に帰宅。夕飯を済ませ、予定通り<孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編>の録画がスタートしたところで音盤タイム。今夜は久しぶりにガツンとドイツ物だ。


201608_Kletzki.jpg


パウル・クレツキ(1900-1973)とチェコフィルによるベートーヴェン交響曲全集。数年前CDで全集として発売された際に手に入れた。70年代廉価盤全盛期には同コンビのベートーヴェンもいくつかLPで出ていたと記憶している。録音は1964~68年。68年に『プラハの春』を迎える前までのチェコフィルは、マタチッチとのブルックナー、アンチェルとの新世界や管弦楽集など、よい録音を残している。

今夜はその中から第2番を取り出した。一聴して、明快なアーティキュレーション、短めのフレージングをとった現代的な演奏。チェコの名門レーベル;スプラファンによる録音も、ややオンマイクでオケの音を明瞭にとらえたもので、もう少し潤いがほしい気もするが、演奏の個性とはよくマッチングしている。
下属調の属7和音で始まるという意表をつく第1番ハ長調の開始(ギター弾きっぽくコードネームで書くとC7⇒F⇒G7⇒Am⇒D7⇒G)と違い、この第2番は古典期交響曲の定石通り主和音のトゥッティで始まり、続いて堂々たる序奏が続く。ドイツ風の典型ともいえるスウィットナー&シュターツ・カペレ・ベルリンの演奏などとは対象的に、マスの響きよりは各パート個々のフレーズが極めて明瞭に浮かんでくる。 第2交響曲の白眉は第2楽章ラルゲットの変奏曲。ベートーヴェンはバリエーションの名手としても知られ、実際九つある交響曲のほとんどに変奏曲の楽章を持つ。中でもこの第2番の緩徐楽章は第9番の第3楽章と並んで格別に美しい。このクレツキとチェコフィルの演奏で聴いていると、変奏を繰り広げる各パートの演奏ぶり、役割が実によく分かる。

楽器をやったことのある方はよく分かるとが、一つの音にはその前後の音との関係性があって、その関係性の中でその一つの音の長さ、強さ、音色などをコントロールしていく。アーティキュレーションというそれらの法則性、約束事、経験則がどのように行なわれているか、この演奏を聴くと一聴瞭然だ。例えば、スラーで結ばれた二つの音があれば前の音をやや強く長めに奏する、高音部と低音部の音程が拡大していくフレーズでは音量(エネルギー)を拡大させていく、低音域の密集和音は重々しいイメージ、高音域だけの和音は清涼なイメージ…といった演奏上の一般的な解釈も含めて、この演奏はよいサンプルだ。
ぼくはクラシックギターを弾き、独奏や二重奏を楽しみ、ときどき他の楽器と合わせたり、マンドリン合奏のギターパートとして加わる。ギターやマンドリンとベートーヴェンの交響曲は別世界のように思われるかもしれないが、いずれの場合も演奏のベースは古典楽曲の様式感や約束事が基本。ベートーヴェンの交響曲のうち第1番と第2番などはあらゆる楽器弾きのよき手本になる。そういえば学生時代にかじった齋藤秀雄『指揮法教程』の初歩段階の課題曲にもベートーヴェンの第1番交響曲があったことを思い出した。


クレツキとチェコフィル演奏を探してみたがあいにく第2番がなかったので、代わってやはり変奏曲形式の第5番『運命』第2楽章を貼っておく。2番の「美」に対してこちらは「力」を感じさせる。


同コンビによるエグモント序曲。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)