アダム・フェルツマン(Pf)



明日は初めて迎える休日<山の日>。海の日があるなら、山の日も…くらいの軽いノリかと思っていたら、制定への動きは半世紀以上前までさかのぼると知って少々驚いた。とまれ、今宵はのんびり夜更かしオッケー。何日かぶりにアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


DSCN5075 (560x560)


アダム・フェルツマン(1952-)によるバッハ:6つのパルティータBWV825~830の2枚組。パルティータ全6曲に加え、2声のインヴェンションBWV772~786も収録されている。1999年モスクワ録音で、2005年にカメラータトウキョウから発売された。ちょうど十年ほど前、バッハのパルティータを繰り返し聴いていた時期があり、このアルバムも発売されてまもなく手に入れた記憶がある。

久々に聴いてみて、やはりいい演奏。すべての音が極めて明晰で、かつ美しい。多声音楽としてのこの曲の各声部が見事に分離し、曲の構造が透けて見えるかのような感じだ。使用楽譜の版についての知識を持ち合わせないが、グールドやシフの演奏になれた耳には時々おやっと思うところがある。フェルツマン自身が楽譜に少し手を入れているか、あるいは装飾音の扱いもかなり異なるのか、そんなところが要因だろう。明晰な音と声部の弾き分けではあるが、生真面目ばかりというわけでもなく、時折テンポをほんのわずか揺らしたりもする。解釈の軸足としては、ややロマンティック寄りであるが、音色感と音の構成感に甘さはない。

ピアノの音はかなり硬質に捉えられ、低音はやや少なめで中高音のクリアさが印象に残る(ブックレットにはスタインウェイを使用と記されている)。パルティータ第二番最初の『シンフォニア』の冒頭から装飾音を自在に駆使していく。手持ちの愛聴盤のひとつ、ペライアなどとは好対照。主部に入っても左手のタッチをスタッカート気味にコントロールして、すべての音が空間にくっきりと浮かび上がる。ペダルの使用も最小限かつ考えられたもののようで、自在な装飾音を入れながら、くどさを感じさせない辺りは、中々見事な音色と両手のコントロールだ。


<ゴールドベルク> 1991年の演奏。


チャイコフスキー。こういう曲も当然弾くわけですね。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)