イエペス(G) ソル<24のエチュード>



ギターねたを続けよう。
今夜は、弾いて良し聴いて良し、ソルのエチュード。ギター弾きにはお馴染みにして必須課題の一つだ。ごく短い曲にもソルらしい古典的和声感のエッセンスが込められていて、飽きることがない。取り出したのはこの盤だ。


201608_Yepes.jpg  201608_Narciso_Yepes.jpeg


ぼくら世代のギター愛好家にとって、60年代終盤から70年代前半はセゴヴィア・イエペス・ブリームがギター御三家とでもいうべき存在だった。ジョン・ウィリアムスやオスカー・ギリアが若手と言われた時代だ。そしてそれぞれが極めて個性的で、貧弱なレコードプレイヤーで聴いても針を落とした途端にだれかれと判明した。中でもイエペスは映画『禁じられた遊び』のテーマでギター愛好家以外にも広く知られた存在だった。ともかくギターといえば『禁じられた遊び』の時代、ギターも持つきっかけ、あるいは目標になった曲の筆頭だった。

この盤にはイエペス(1927-1997)がフェルナンド・ソルの練習曲から独自に選んだ24曲が収められている。1967年9月の録音で、当時やはりソル作曲のセゴヴィア編20の練習曲とよく対比されたものだ。この盤は高校時代に何かのきっかけで手に入れて当時よく聴いたが、こうして聴きなおすのは本当に久しぶりだ。この盤でのイエペスの演奏は練習曲という性格もあるだろう、総じて生真面目で端整。練習曲といっても様々な意図があって書かれているが、この盤では特に対位法的な処理や、リズムの処理にイエペスの個性が強く出ている。

彼が広めたホセ・ラミレス製10弦ギターによる豊かな響きは特に低音がしっかりと聴こえ、対位法的に書かれた曲では各声部が極めて明瞭かつ必要な重みをもって聴こえてくる。また付点音符や連符によるリズミカルな曲における右手のコントロールは、当時イエペスならではのテクニックだった。1弦でとる旋律をレガートに弾きながら2弦以下の伴奏音形をスタカートで弾いたり(作品35ニ長調)、スタカートの音形をきっちり弾き進めながら5連符を粒立ちよく挿入したり(作品29ヘ長調)、といった具合だ。そうした斬新な弾きっぷりで、当時高校生だったぼくらギター小僧にイエペス=技巧派という印象を植え付けたものだ。
日本でもっとも親しまれ、もっとも数多く来日したイエペスだったが、1996年最後の来日の翌年1997年に69歳で亡くなった。そして同時に一時期はアマチュアにも人気のあった10弦ギターも次第に表舞台から消えつつある。


この盤の音源。全24曲。


イエペスのおはこであった難曲バカリッセの<パスピエ>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)