クレンペラー&POのモーツァルト交響曲第25番ニ短調


週末も終わって、あすはまた仕事という日曜の晩。きのうの続きでクレンペラーのモーツァルトを聴こう。


klempere_20150410004116c4e.jpg  DSCN3428 (480x480)


モーツァルトの交響曲第25番ト短調K.183。オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団。1956年録音。きのうの記事で取り上げた盤に収録されているもの。この盤、コシュ・ファン・トゥッテ序曲K.588、アダージョとフーガK.546、それと交響曲の第25番、29番、31番<パリ>というカップリングが実に魅力的な盤だ。

戦後まもなくEMIの名プロデューサー:ウォルター・レッグがロンドンの腕利きミュージシャンを集めて結成したフィルハーモニア管弦楽団。その実力がいかんなく発揮され、各声部が明瞭に分離しかつ音場感を保った秀逸な録音、そしてそれらの特性とクレンペラーの明晰な音楽作りがマッチして、素晴らしい演奏を繰り広げる。オケは対向配置。時代性もあって重厚長大の大編成で、音はどっしりと大地に根を張ったような組立てではあるのだが、鈍重さはまったくない。実際、この25番の第1楽章などは、予想を覆えすほど速めのテンポで突き進み、引き締まった響きと適切なアーティキュレーションで、この曲冒頭の緊張感が表現される。第3楽章メヌエットなどは、もっとゴリゴリやるかと思うと、意外にもしなやかだ。フィルハーモニア管の弦楽パートは実に優秀で、整ったアンサンブルとピッチの揃ったすっきりとした音色で、重量感としなやかさを併せ持つ。その向こうから聴こえてくる木管群のよく通る音色も印象的だ。クレンペラー&フィルハーモニア管のステレオ録音は、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、いずれも傾聴に値する名演が並ぶ。


劇的な曲想ゆえか。ロック兄さんもチャレンジしたくなるようだ。


クレンペラー盤の音源。第25番全曲


90年代からスイスのリゾート地ヴェルビエで催されている音楽祭のフェスティバルオケによる2012年の演奏。木管群が弦楽群の最前列に並ぶ、近年ときどき見かけるオケ配置。タカーチ四重奏団創立メンバーのガボール・タカーチ=ナジ(1956-)による指揮。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)