ウェス・モンゴメリー<A DAY IN THE LIFE>


今週もせっせと働き、そして金曜日。あすからシルバーウィークとやらの連休に突入。相変わらず秋雨前線の停滞で、天気はイマイチのようだが、さてどんな塩梅だろうか。とまれ、今夜はのんびりと…。そう思いつつ先日の記事で取り上げたエラ・フィッツジェラルドとジョー・パスで思い出し、こんな盤を取り出した。


R0012616 (364x480)  R0012613 (480x480)


ウェス・モンゴメリーの有名な盤<A DAY IN THE LIFE>。1967年にジャズを大衆化するという目的で設立されたCTIレーベル初期の盤で、ウェス・モンゴメリーのCTI移籍第1作でもある。この盤は当時大いにヒットし、ウェス・モンゴメリーの名は一部のジャスファンだけでなく、広く音楽ファンに知られるようになった。CTIレーベルもまた、その後のイージーリスニング、クロスオーヴァーやフュージョンへの流れを作り出すレーベルとして一気にメジャーに躍り出た。ぼくがこのレコードを買ったのは確か70年代の半ば。すでにクラシックをガンガン聴いていたが、同時にジャズやインストゥルメンタルのポピュラーにも興味を持ち始めていた頃だった。

ウェスのこともCTIのことも印象的なジャケットももちろん記憶にあるが、実際この盤に針を下ろすのは何年ぶりだろうか。おそらくこの30年間に一度か二度聴いた程度だろう。久々に聴いてみて『まあ、これも悪くないじゃん』とつぶやきつつ、部屋の片付けをしながら聴いた。アルバムタイトルにもなっているビートルズの曲の他、ポピュラーな選曲、スローロックやボサノバ調といったアレンジ、ウィズ・ストリングスのメロウなサウンド…もちろんジャズのイメージは皆無。これは完全にポピュラーチューンを軽快なリズムにのせて、ウェス・モンゴメリーのギターサウンドで個性を楽しむ盤だろう。

有名なオクターブ奏法はもちろんだが、右手親指による独自のピッキングと愛器ギブソンから繰り出される単音のメロディーも太く暖かい音色で、聴けば一度でウェスと分かる個性だ。記事の下に貼り付けたYouTubeの動画でも分かるが、親指による単音のピッキングの音数は多くはなく、速弾きでもないのだが、ハンマリングやプリング(クラシックギターでいえば上昇スラー・下降スラー)のテクニックを駆使して音数を確保すると同時にアーティキュレーションを十分に表現しているので、音楽には十分な抑揚がある。但しこのアルバム、標榜したジャズの大衆化というテーマは結局実らなかったように思う。クラシックもジャズも、敷居を下げて人を呼び込もうとする試みは過去何度も行われているが、結局一過性に終わる。低い敷居は入るだけでなく、出ていくのも容易だ。

この盤がヒットしている真っ最中の1968年6月、ウェス・モンゴメリーは45歳で急逝する。残された演奏をこうしてYOUTUBEで観ていると思うのだが、この個性豊かなギタリストにはストレイト・アヘッドなジャズをもっと弾き続けて欲しかった。


彼の名刺代わりともいうべき曲<full house>


<転向>後1967年の演奏



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ウエスの親指

ラッキーストライクの吸い殻とマッチのジャケット。ジャズを感じますね。ウエスはCTIのレーベルではイージーリスニング路線に行きましたが、彼はツァーが嫌いだったとかで、家族を大事にするため、旅に出ない選択をしていたそうです。柔らかいサウンドは、彼自身の身の内から出た優しい感情なのかもしれないと思ったりした時期がありました。
今ではSNSとか画像を簡単に得られるので、ウエスの奏法も何となくイメージしやすいですが、70年代聴き始めたころ、オクターブ奏法って・・・。言葉で説明されても??という感じでした。「百聞は一見に如かず」ですよね。見たら、「ああ、なんだ~」というかんじですものね。

フルハウスとかハーフ・ノートのライブがいいですが、昨今では昔の演奏動画がUPされることも多いので、それを見て時折楽しんでおります。
時折、ギターを親指だけでUP・DOWNで弾いてしまうとか、鍵盤押すように押し弾きするとか、変わった奏法を確立して個性を表す方もいますね。ウエスもその一人(初めからそういうわけ もでもなかったと思うのですが)。ルールを超えると、新しい表現もうまれるのかもしれませんが、それが出来るのは一握りの人なのは変わりないですね。

Re: ウエスの親指

mobuさん
度々古い記事を拾っていただき恐縮です。数年前の記事って、何となく恥ずかしさもあります(^^;
ウェス・モンゴメリーに接したのはこの盤以降の「転向後」。当時高校生になってギターもボチボチ弾き始めていて、オクターブ奏法なるものも見様見真似でやったことが記憶があります。奏法自体は理解でき弾くこと出来ましたが、肝心のアドリブフレーズが何も知らない田舎の中学生には出てきませんでしたね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)