マイギター 田邊雅啓2004作


しばらく知人宅に預けていたマイギターが久々に手元に戻ってきた。
これまでも何度か記事にしている田邊雅啓(たなべまさひろ)氏の手になるギターをあらためてお披露目しよう。
田邊さんは現在栃木県足利市で伝統的手法にこだわったギター製作を続けている。大学を出てから長野県上田の石井栄ギター工房で修行ののち独立。2001年から故郷の足利に工房を開いて製作を始めた。たまたまその頃、久しく中断していたギター演奏を再開するにあたり、新しい楽器を探していたときに名前を聞き及び、拙宅から車で1時間ほどの距離に工房があることもわかって、早速お邪魔したのが以降のお付き合いの発端である。ちょうどその頃田邊さんは、名匠;ホセ・ロマニリョスの製作マスタークラスをスペインで受講、その教えと伝統的なスパニッシュギターの製作手法に忠実なギター製作を本格化させていた。最初に訪問したときに試奏した修行時代の作品と、その音作りの姿勢にひかれ、ぼくはすぐに新作のオーダーすることを決めた。一つ一つの製作工程を深く吟味しながらの製作は、およそ商業ベースの効率的な製作スピードからはほど遠く、ぼくの注文品完成も2004年6月まで2年以上待つことになった。

DSCN5145 (560x560)  DSCN5154 (560x560)

DSCN5156 (560x560)  DSCN5151 (560x560)

表面板はヨーロピアンスプルース。濃い冬目がはっきり出ている極めて良質のもので、田邊さん曰く「最高グレードのもの」とのことだ。裏板は音の面からはあえてハカランダにすることもないだとうとの判断で、インディアンローズウッドとした。写真でわかる通り、裏板中心部にはメープル材で少しオシャレをしてみた。指板は黒檀で、極めて緻密な良材が使われている。実際、10年余を経過した現在も指板表面は滑らかで、伸縮が皆無なのかフレットのバリも出ていない。ヘッド、口輪ロゼッタ、3ホール式のブリッジ等にも高い工作技術を示す美しい装飾が施されていて、見る度にため息がもれるほどだ。糸巻きは米国スローン社製の黒檀ツマミ。塗装は全面セラックのタンポ仕上である。

ナットとブリッジのサドル(骨棒)には、厚み方向にわずかにテーパーが付けられていて、そのテーパーに合わせて作られたぞれぞれの溝に差し込むとピタリと収まる。また骨棒は通常低音側で高く、高音側で低く作られ、指板と弦の高さが決まるようになっているが、この田邊ギターは低音側も高音側もほぼ同じ高さ。指板の厚みを低音側から高音側にかけて厚くなるように加工されている。ラミレスなどに見られる手法だ(ラミレスはさらに従来通りのサドル側傾斜も残る)。結果としてサドルとブリッジ木部の溝とは高音側も低音側もほぼ同じ面積で接触し、より確実な結合になる。

DSCN5146 (560x560)  DSCN5161 (560x560)

DSCN5166 (560x560)  DSCN5164 (560x560)


田邊ギター;ロマニリョスモデルの特徴は、通常より低めに設定されたウルフトーンから繰り出される、どっしりと重く深い低音と、端正で伸びのある高音にある。決して派手にガンガン鳴る楽器ではないが、西洋音楽の基本バランスである低音をベースとしたピラミッド型の音響構成を作りやすく、バロックからソルやジュリアーニあたりまでの曲を表現するにはベストの楽器だと思う。外国語ではギターが女性名詞であることから、有り体に例えるなら、知的で清楚で優等生的な女性のイメージだ。反面、近代スペインのアルベニスやグラナドスなどの作品(ギターへの編曲物)やラテン系の艶っぽさ、熱っぽさを歌い上げるには、少々甘さと粘りが足らないと言えなくもない。

総じてこの頃の田邊さんの作品は、本格的な製作に取り掛かった彼のモチベーションの高さが随所に現れている。時々メンテナンスでこの楽器を彼に見てもらうとき、「いやあ、いい楽器だなあ」と彼自身がいつも感嘆する。手元にある何本かの楽器の中で、バランスの良さ、和音の分離、豊かな低音の響き、高音のサステインは最も優れているものの1本だ。しかし、どんな銘器でもそうであるように、この楽器にも弱点がないわけではない。この楽器の唯一の弱点は、5弦8~10フレットの音が詰り気味であることだ。このポイントの音だけが十分なサステインが得られず、ボンッと詰り気味に鳴る。これはウルフトーンをFからF#に設定したため、そのオクターブ上の音がデッドポイントなっているためで、どんな楽器にも付きまとう問題だ。多くの製作家がこの問題の解決で悩んでいるだろう。しかし、実際に少し離れて聴いている人には、弾き手のぼくが感じているほど、この部分の音の詰りは感じられないとのことで、右手のタッチを少し工夫して弾くことで、この問題を実質的には回避している。それ以外の音は全ての音域で極めて均一に鳴る。現在、弦はサバレス社のクリスタル&カンティーガのノーマルテンションを張っているが、音色の統一感にも優れ、適度な張りの強さと相まって十分なサステインを確保し、申し分のないマッチングである。
このギターを製作した2003~2004年当時以降、田邊さんの評価は急速に高まり、現在彼の作品を入手するには3年程のウェイティングリストに載ることがまず必要な状況である。価格も当時の倍以上に上がった。しかし、端正な音色でバランスがよく、低音がしっかりとしたギターを望むなら、3年間待つ価値は十二分にあるだろう。

★技ありの修理★
新作ばかりでなく、トーレスをはじめとする数々の銘器の修復もこなす田邊さんによる技ありの修理例。数年前、弦交換の折に表板に爪で付けてしまった引っかき傷を見事に修復してくれた。傷周辺のセラック塗装を除去した上で、傷口に水分を含ませて膨張させ、傷の凹みが膨らんだところで平滑にし、再度セラック塗装で仕上げるという方法とか。カシュウやラッカー、ウレタン等の塗装ではここまでうまくいかないだろうが、自由度の高いセラック塗装ゆえの美技。お見事! (表板が白っぽく見えるのは照明の映り込みのため)
201609_Tanabe_Gtr1.jpg  201609_Tanabe_Gtr2.jpg

◆ギター販売店アウラのHPにある<田邊雅啓の工房探訪記>。
http://www.auranet.jp/salon/yomimono/tanbouki/



<追記>
ぼくの田邊ギターが現代ギター2004年11月増刊『クラシック・ギター銘器コレクション』の190頁に載っていることを付け加えておきます。
201609_CG_Collection_2004.jpg


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

うわぁ~。
傷、全くわからないですねぇ。
この修理、いくらくらいですか?
他人のギターだとまた違うでしょうけど。
ウチの寺町ギターもやってくれないかなぁ。

寺町さんに問い合わせたら傷で凹んだ所にクリアラッカーを塗って凹みを埋める方法を薦められました。
厚目のウレタン塗装のフォークギターに深々とついた打痕は白濁しない瞬間接着剤で傷を埋めてほとんどわからないように修復したことはあるんですけどね~。

Re: タイトルなし

みっちゃんさん
少し確認したいこと等あり、よろしければメールアドレスお教えいただけますか。このコメントへの返信でOKです。もちろん公開しませんので。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)