<九月の雨>



きょうの休日も降ったりやんだりの一日。今年は梅雨が長引き、盛夏になったかと思ったら、今度は台風連続襲来。加えて秋雨前線も居座り、このところずっとスカッとした晴れ間がない。程々の雨降りの日に、渋めの音楽で静かに過ごすはいいものだが、室内干しを余儀なくされた洗濯物が我が道楽部屋まで押し寄せるに至っては、ロマンティクな気分も吹っ飛んでしまう。
さて、あすはまた仕事。ちょっとリラックスしようかと、こんな盤を取り出した。


201609_Sarah_Vaughan.jpg  DSCN5176 (560x560)


サラ・ヴォーン(1924-1990)の数ある録音の中でも代表格といってもいい<Sarah Vaughan at Mister Kelly's/ミスター・ケリーズのサラ・ヴォーン>。サイドメンはジミー・ジョーンズ(p)、リチャード・ディヴィス(b)、ロイ・ヘインズ(ds)。タイトル通り、当時シカゴにあったクラブ<ミスター・ケリーズ>(今は大阪に正式な継承店がある)でのライヴ録音。1957年8月6~8日のモノラル録音。手持ちの盤は90年代半ばにリリースされていた輸入盤。オリジナルLPは8月6日の録音から9曲が収録されていたが、CD時代になって三日間の中から追加され、手持ちのこの盤では全20曲が収録されている。

男性司会者による前ふりの口上があったあと、第1曲の<九月の雨>が始まる。当時33歳のサラ・ヴォーン。声は若々しくも潤いにみち、ゆとりをもちながらも妙に崩すこともなく丁寧に歌いぬく。サポートするピアノトリオの控え目なバックの中から時折り聞こえてくる客の語らいやグラスの触れ合う音。モノラルながら音質は良好だ。クラブでのライヴということから、スローバラードとミディアムテンポの曲が程よくミックスされて進んでいく。第9曲の<How High The Moon>でもエラ・フィッツジェラルドとは対照的に軽く落ち着いたアレンジで、思わずニヤリとしてしまう。オリジナルLPになかった追加曲のトラックでは、サラ・ヴォーンと客の語らう声もしばしば聞こえてきて、ライヴ感が一段とたかまる。

今どきのジャズクラブで、こんな大人の雰囲気をもっている店は少ないだろうが、下戸のぼくも席を取って、ウーロン茶のグラスを傾け、しみじみ秋の夜を楽しみたくなる。


この盤の音源。


サラ・ヴォーンの歌う<九月の雨>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)