木住野佳子<フェアリー・テイル>



当地関東地方はきのうから一気に秋めいてきた。あさの通勤時もジャケットか薄いニットがほしくなる。
本日も業務に精励。8時を少しまわった頃に帰宅した。下世話な話題でナンだが、拙宅の今夜の晩ご飯はカレー。いずれ記事にしようと思うが、絶品のカレー・ルーがあって、今夜はその辛口ヴァージョン。ピリピリとした感触が舌先を刺激するが、いかにもというスパイス臭さがなく食べやすい。野菜サラダとちょっとした副菜、デザートの梨とりんごもおいしくいただきましたよ(^^。 さて、身体も温まったところで今夜はゆるめのジャズを。久々にこんな盤を取り出した。


201610_kishinokeiko.jpg  201610_Fairy_Tale.jpg


以前も記事にしたピアノの木住野佳子(きしのよしこ)。きょう取り出したのは彼女の実質的なデヴューソロアルバム。1995年NY録音。収録曲は以下の通り。

1. ビューティフル・ラヴ
2. フェアリー・テイル
3. ジ・アイランド
4. いつか王子様が
5. ファンカレロ
6. 星影のステラ
7. オンリー・トラスト・ユア・ハート
8. 誓い
9. ラフィット’82
10. ゴーン
11. ウィズ・ア・リトル・ソング

お馴染みを通り越し、またかの声も聞こえてきそうな選曲。しかしジャズに限っていえば素材の曲は決定的な要素ではなく、料理の仕方こそが命。名演あって名曲なしと言われるほど。それほどプレイヤー次第で曲は生まれ変わる。この盤に聴くスタンダードの数々は、決して意表を付くような変身を遂げているわけではないが、「ピアノにもルージュを」というアルバムコンセプトのもと、見事に統一された心地よさに満ちている。そういわれてあらためてアルバムを手に取ってみると、ジャケット写真はモノクロームを背景に「fairy tale」の文字だけが赤く染め抜かれている。

彼女は桐朋で正統派のクラシックを修める以前からあちこちのロックやフュージョンのバンドに出入りしてはセッションを重ねていたという。天性の耳と勘の良さでデビュー前から知る人ぞ知る存在であったようだ。そんな才気あふれる彼女がNYの腕利きジャズメンをバックにくつろいだプレイを聴かせてくれる。特にエディ・ゴメスとマーク・ジョンソンのベースが雄弁で、抜群の録音と相まって、良質のヘッドフォンで聴くと50Hzを下回る深く静かに伸びるベースの基音が楽しめる。スムースジャズというほどユルみ切っているところはなく、適度に緊張が高まるプレイもあって飽きることがない。久しく新譜を聴いていないが、最近の彼女はどんな風なのかしらん。

このアルバムの第1曲<ビューティフル・ラヴ>


彼女のオリジナルを二つ。
<Nostalgia> 30秒ほどのイントロののち、都会的でジャジーなスローボッサが続く。


<Girl’s Walz> そのあとも彼女のプレイリストが続く。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

さては、ジャケ買いでしょう!(^.^)
美人のジャズアルバムはつい手が出ますよね~。(笑)
私が持ってるのもデビューアルバムかと思ってたけど、これより前のかな?それとも私の勘違いかな?ジャズライフ誌の広告にイチコロでした。(^_^;)
美女系のジャズデビューアルバムはレコード会社の宣伝にも特に力が入っているように思えるのは私の気のせい?(笑)

Re: タイトルなし

みっちゃんさん、こんばんは。ガチガチ硬派の与太です(…ウソ三千八百です)。
このアルバムはファーストアルバムということになっていますね。次が<Photograph>というセカンドアルバム。まあ、順番どうでもいいのです…ジャケ買いですから。この歳になってもジャケ買いはケッコー恥ずかしいものです(^^;
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)