ルロイ・アンダーソン名曲集


勤務先で年に一度の定期健診。ぼくらの世代になると、ありきたりの健診メニューでは物足りないと、病院に出向いて人間ドックを受診する輩もいるのだが、ぼくは今のところほどほどの定食メニューで満足。詳細結果は後日のお楽しみだが、メタボ診断項目の一つ腹囲が想定超えの○○センチ(まあ、二桁だけど…)。終了後、ベルトのあたりをさすりながら席に戻った。
そんなわけでいささか反省をしつつ帰宅。ひと息ついて、まあ胴回りの1センチや2センチがなんだ、大らかに音楽を聴くべしと開き直り、こんな盤を取り出した。


201612_Leroy_Anderson.jpg  DSCN5469 (560x560)


モーリス・アブラヴァネル(1903-1993)指揮ユタ交響楽団によるルロイ・アンダーソン名曲集。手持ちの盤は1998年に<ヴァンガード・クラシック特選名盤>というシリーズでキングレコードからミドルプライスで出たときのもの。1967年録音。収録曲は以下の15曲。

 そり滑り、ブルー・タンゴ、トランペット吹きの子守歌、舞踏会の美女
 ラッパ吹きの休日、忘れられし夢、シンコペーテッド・クロック、
 プリンク・プレンク・プランク、フィドル・ファドル、サンドペーパー・バレエ
 タイプライター、サラバンド、ベルの歌、ジャズ・ピチカート、セレナータ

ルロイ・アンダーソンの曲は上質なポップス・クラシックとして昔から好きな曲が多い。アンダーソンの曲ばかり並べたコンサートがあったら、何を差し置いても聴きにいきたいほどだ。聴いていて幸せな気分になる音楽はいくつかあるが、アンダーソンの曲のその一つだろう。ウィンナワルツ集も素敵だが、どこかあらたまったよそいきという感じだし、モーツァルトのホルン協奏曲も晴れがましく最上の気分になるが、やはり高貴さが先に立つ。その点アンダーソンは日常的で微笑ましく、それでいて気がきいていて、ノスタルジックで…。年齢、音楽的バックボーン、そういうものを問わずに楽しめる。
その昔、アブラヴァネルの名前が覚えにくく、<油粘る>じゃなく<油は(ば)ねる>…と語呂合わせしたものだ。アブラヴァネルとユタ交響楽団のコンビは、バーンスタインやクーベリックに先駆けて全曲を録音したマーラー交響曲全集を筆頭に、チャイコフスキーやシベリウスなど、多くの録音を残した。このアンダーソン名曲集もよく知られた盤の一つ。録音も良好。一家に一枚的な名盤だ。


この盤の音源で、時節柄<そりすべり>


<そりすべり>のジャズヴァージョン。


アンダーソン自身の指揮による盤。全13曲。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ルロイ・アンダーソン、僕も大好きです。昔、マンドリンアンサンブルに在籍していた時、何曲か弾きました。それにしても札幌は連日の大雪です。雪かきも「そりすべり」を聞きながらやれば、ちょっとは気が楽かな?そちらはからっ風の毎日でしょうか?

Re: No title

アンダーソンはいつ聴いても微笑ましくなります。マンドリンオケでの演奏も楽しかったことでしょう。
今年の北海道は冬の到来も早かったようですし、大変ですね。2000前後の数年間。何度か札幌へ出張しました。そちらの電力会社やガス会社との共同開発案件で。5月連休前、夏日の東京を出発したら「札幌は雪」との機内放送。実際新千歳は銀世界で驚いたことがありました。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)