ビル・クロウ・カルテット <さよならバードランド>


週末日曜も格別のこともなく終わり、明日はまた仕事という日曜の晩。このところまともにスピーカーと対峙して音楽を聴くことがなかったが、今夜は少し前にアンプの灯を入れ、部屋を暖め熱い珈琲を入れてスタンバイ。こんな盤を取り出した。


DSCN5493 (560x560)


ベースのビル・クロウがリーダーとなったカルテットによるスタンダード集<さよならバードランド>。1995年NJヴァン・ゲルダー・スタジオ録音。手持ちの盤は数年前にヴィーナスレーベルのミドルプライス盤で出たときのもの。収録曲は以下の通り。

1. さよならバードランド、2. シェアー・ア・キイ、3. オーケー、バグ
4. ニューズ・フロム・ブルーポート、5. 枯葉、6. フールズ・ラッシュ・イン
7. ジャスト・フレンズ、8. トライクロティズム、9. マイ・ファニー・ヴァレンタイン
10. ナイト・ライツ、11. ブロードウェイ

ベースを担いだ男がニューヨークの朝もやの中を歩いているジャケットにひかれて買った1枚。何もジャケ買いはオネエサンばかりではないのだ。このベースを担いでいる男が、このアルバムのリーダーでもあるベーシストのビル・クロウ(1927-)。村上春樹がこのビル・クロウの著書「さよならバードランド」の翻訳したことから、このアルバムのライナーノーツを彼が書いている。その辺もこのアルバムの「売り」の一つだろうか。
第1曲のタイトルチューン「さよならバードランド」からいいスイング感で始まる。このカルテットにはピアノがなく、ビル・クロウのベース、デヴィッド・ジョーンのドラムス、それにカーメン・レギオのテナーサックスとジョー・コーンのギターが加わっている。ピアノレスの編成のためか、軽快にスイングする曲であっても、セッション全体に落ち着きと響きの透明感が支配している。リズム隊としてもベースの役割もよく聴き取れるし、ギターのリフも効果的に響いている。 ビル・クロウの往時の演奏についてはまったく不案内。このヴィーナスレーベルの盤は彼のキャリアのおそらく最後に近いものになるのだろうが、くつろいだ雰囲気と趣味のいいポピュラリティーも重なって、熟した味わいの盤になっている。もちろんヴァン・ゲルダーによる録音も素晴らしい。



この盤の音源。タイトルチューンの<さよならバードランド>


<シェアー・ア・キー> 高速で演奏されることの多い有名な<チェロキー>と同じコード進行と使ってボサノバ調に仕上げた一曲。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

さよならバードランド

さよならバードランドは村上春樹氏を読んでた頃、訳本が出たので、
買って読んだのですが、中味を覚えていない(>_<)。
確かに、彼のえりすぐったディスクガイドはいいものでしたが、
手に入らないものが多かったような気もします。
ビル・クロウのアルバムジャケットはJAZZがにおい立ちますね。
ベーシストの楽器運搬はなかなか大変だそうで、鉄道利用など、
ドア通路の所とか空きスペースを探して置くとか、
キャリーカートみたいなものもあるそうで、荷物運賃とられそうですね。
女性のベーシスト・・・クラシックのオーケストラなどにも見かけますが、
楽団が運んでくれるのでしょうね。楽器に選ばれた人は大変です。

Re: さよならバードランド

mobuさん、こんばんは。
元ネタの本をお読みになったのですね。彼の音楽紹介はさすがに伝え上手で、クラシックでもジャズでも的確な表現で感心します。この盤もそんなことがトリガーで手に入れましたが、ジャケット同様雰囲気のあるいい盤でした。
コントラバス…意外に思われるかもしれませんが、普通の乗用車の助手席に収まります。天地逆というか、糸巻きを助手席の足元に入れ、背もたれを倒したシート側にボディ置きます。一時期コントラバスを少し弾いていたことがあり、練習のときは助手席に載せて運んだものです。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)