アバド&LSO ロッシーニ序曲集


数日前までの暖かさが一転、寒風吹きすさぶ一日。三連休中日の土曜日。野暮用あって昼過ぎまで外出。移動の車中は陽射しMAXで暑いくらい。でも、何となくクリスタル…、もとい何となく年の瀬気分。除夜の鐘には早いが、心静かに暖をとりつつアンプの灯を入れ、先日来の記事の流れでこんな盤を取り出した。あっ、ギターネタも最後にありますよ(^^;


201612_Rossini.jpg  201612_Abbado_Rossini.jpg


アバド&ロンドン響のロッシーニ序曲集。1978年の録音。LP時代終盤の1987年に廉価盤で出た際に手に入れたもの。アバドは70年代前半にも同じロッシーニ序曲集をDGと、また80年代終わりにヨーロッパ室内管とも録音している。このRCA盤の収録曲は以下の通り。

 1. セミラーミデ
 2. 絹のはしご
 3. イタリアのトルコ人
 4. イギリス女王エリザベス」(セヴィリアの理髪師)
 5. タンクレーディ
 6. ウィリアム・テル

オペラ本体を観ずに序曲だけ聴いてその気になるのは、オペラファンからはブーイングの嵐かな…。まあ、そう言わんで下さいな。ロッシーニばかりか、ウェーバーやモーツァルト(スウィトナーの魔笛やベームの理髪師などの全曲盤も手元にあるが…)、ワグナーも歌には興味がわかず。言葉も分からないし…。しかしその音響はもちろんLOVE。
高校時代、ロッシーニのことを「イタリアのモーツァルトって感じかな」とぼくに教えてくれたのは学業優秀かつフルートもセミプロ級だったS君だった。この盤でも颯爽として明快で、ややこしいことをつべこべ言わず、一気呵成に進むロッシーニ節が楽しめる。アバドはもちろん、こうした曲にはぴったりの指揮者だ。なんといってもミラノスカラ座の御大を長らく務めた。序曲はもちろん、そのベースとなっているオペラの隅々まで知り尽くしているし、一節一節のオペラの中での役割を心得た上での序曲演奏に違いない。アバドはロンドン響と70年代初頭から密接な関係にあり、80年代には音楽監督を務めた。同団はアバドに絶大な信頼をおいていたという。この盤の演奏は中々熱演ではあるが、録音セッションらしい整った演奏という印象が先に立つ感もある。これがミラノスカラ座のオケだともっと自在にかつ自発的に歌うのだろう。もう少し荒削りでもいいから、一筆書きのような勢いもあっていいかなと贅沢な注文を付けたくもなる。収録曲の中では、曲の良さもあって「イギリスの女王エリザベス」と「ウィリアム・テル」がもっとも楽しめる。

1991年のニューイヤーコンサートでのアバドとウィーンフィルの演奏その<泥棒かささぎ>序曲。


昨今人気らしいクピンスキー・ギターデュオというユニットによる<泥棒かささぎ>。
編曲はオリジナルとのことだが、ジュリアーニがギター二重奏にアレンジした楽譜あたりがベースになっているものと思う。ギターに馴染みのない方のために付け加えておくと、冒頭のスネアドラムを模した音は、ギターの低音弦を使った特殊奏法によるもの。


マッテオ・メーラとロレンツォ・ミケーリという二人組による<セヴィリアの理髪師>。
やはりジュリアーニがアレンジしている楽譜はこちら



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)