田部京子(Pf)来演 群馬交響楽団第524回定期演奏会



週末土曜日。日中野暮用を済ませ、夕方から群馬交響楽団の定期へ。前回昨年10月の定期から三ヶ月ぶり。


DSCN5622 (560x560)


===========================
モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466
 ―休憩―
マーラー/交響曲第5番 嬰ハ短調
---------------------------
ピアノ:田部京子
指揮:秋山和慶 管弦楽:群馬交響楽団
2017年1月21日(土)18:45~ 群馬音楽センター
===========================

さて今回は指揮者に秋山和慶(1941-)、独奏ピアノに田部京子(1967-)を迎え、モーツァルトのd-mollとマーラー第5という人気の定番名曲プログラム。例によって音楽評論家;渡辺和彦氏のプレトークのあと、定刻の18時45分に客電が落ち、開演となった。

前半は田部京子お得意のモーツァルト。今回は中でも最も人気の高い曲の一つ第20番ニ短調。今日人気といっても、この曲の評価は現代になって定まったわけではなく、すでに200年前にベートーヴェンが高く評価し、自ら第1楽章のカデンツァを書き、今日でも多くのピアニストがそれを弾いている。
モーツァルトの短調作品に共通する悲劇的な様相がシンコペーションを伴った低弦群のモチーフで始まる。オケは変形10型(10-8-7-6-4)。田部京子のピアノは曲の悲劇性をことさら強調することなく軽めのタッチで弾き進める。彼女はソロだけでなくアンサンブルにも通じ、録音も残していることからみて、自分中心にガンガン弾くタイプではないのだろう。当夜まとっていた淡い藤色のドレスさながらにエレガントな弾きぶりで好感をもった。盛大な拍手に応え、アンコールとしてグリーグの抒情小曲集から<小人の行進>をさらりと弾き、前半を終えた。

休憩をはさんでマーラーの第5交響曲。
この曲はぼくがマーラーを聴き始めた最初の曲だったこともあって、以来マーラーの曲の中でももっとも長く親しんできた。実演で聴くのもこれで数回目になる。そして聴くたびに、この曲あるいはマーラーは音盤を聴くだけで全容を知ることは難しいなあと痛感する。特に第2楽章や第3楽章は様々なモチーフが縦横に綾をなす。レコードやCDでは耳につきやすい旋律ばかりが印象に残るが、実際にステージを眺めて聴いていると、その縦横にはりめぐらされた綾がビジュアルの助けも得て、耳に入ってくる。今夜も木管群やホルンはしばしばベルアップして吹き、第3楽章ではソロホルンが山台を降りて指揮者の前に座るなど、見どころも満載。そして何より秋山氏の鮮やかなバトンテクニックの素晴らしさ!第4楽章アダージェットでヴァイオリン群にレガートなフレージングを指示しながら同時に低弦群へ向けてピチカートのポイントを打つところなどは、指揮棒で旋律線を滑らかに描きながら、要所要所で齋藤スクール直伝の<先入>を駆使して細かな打点を入れてピチカートのタイミングを指示していく。あの棒ならアンサンブルは完璧だろう。 冒頭のトランペットソロほか、ホルンパートも終始熱演。そして大編成かつ複雑なスコアを紐解く秋山和慶氏の楽曲分析力とバトンテクニックに感服のコンサートであった。


群馬交響楽団は定期演奏会の前に音楽監督大友直人氏がYOUTUBEを通じてPRしている。


ちなみに来月2月はオールドヴォルザークプログラム。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 とても佳い公演でした。秋山さんは、本当にまだまだ、素晴らしいバトンテクニックが経済でしたね。
 田部さんのモーツァルトは、一つ一つの音を慈しむように、丁寧に弾いていました。端正であって、また繊細さを感じさせる素晴らしい演奏だったと思います。
 マーラーは、特に第3、第4楽章が素晴らしかったですね。第3楽章は、ホルンのソロもさることながら、アンサンブルもしっかりしていて、非常に聴き応えのある演奏でした。これまで長いと感じていたこの楽章ですが、当夜はそれを全く感じませんでした。第4楽章の弦楽アンサンブルも見事でした。
 本日、桐生公演にも出かけようと思います。ただし、いつも感じるのは、東毛公演の集客への努力です。いつも佳い公演になるのに、お客さんが少ないのです。何とかしたいものたど思います。

Re: No title

バルビさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
きょう桐生での再演はいかがでしたか。一年で一番寒い時期でもあり、集客は中々難しいのでしょうか。
秋山氏のタクトは一昨年2014年6月に新日本フィルの定期でストラヴィンスキーの<火の鳥><ペトルーシュカ><春の祭典>と一夜で聴きました(http://guitarandmylife.blog86.fc2.com/blog-entry-1070.html)。重量級のプログラムにも関わらず精力的で素晴らしい指揮でした。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)