メータ&LPO <春の祭典>



きょうは立春。天気図は再び冬型になったが、寒さ程々の土曜日。昼をはさんで野暮用外出。三時過ぎに帰宅した。以前も書いたが、季節の中でいつが好きかと聞かれたら迷わず秋と冬と答える。反対に春と夏は苦手だ。夏は物理的に、春は心理的に意気消沈する。満開の桜の下をガールフレンドと手をつないで歩いた思い出でもあればいいのだろうが、とんと縁がなかった。受験に失敗した、片思いすら敗れた、それに反して世間は浮き立つ…そんなところが原因だろうか。春の生暖かい陽気と浮世離れした光景をみる頃になると、どうもいけない。しかしそんな気分でも春になると聴きたくなる音楽もあって、きょうは少々気が早いが、春のどこか妖しく残酷かつエロティックな空気を感じるこの曲を取り出した。


R0011655.jpg  R0011652.jpg


ズビン・メータとロスアンジェルスフィルによる盤。メータが同オケのシェフとして全盛期を築いたのは1962年から1978年。この録音はその半ば1967年に録られていて、その後70年代を通じてこのコンビのシンボル的録音として人気を博した。写真の盤は社会人になった1978年に<ツァラトストラはかく語りき>との2枚組で出た際に買い求めた記憶がある。ジャケット裏表紙の写真をみると、アメリカ楽壇のパトロンとして重要な役割を果たす社交界マダム達を熱狂させたエキゾチックで精悍なマスクもあって懐かしい。

久々に針を降ろしたのだが、演奏・録音とも色あせることなく素晴らしい。そもそもこの曲を録音しようという団であれば、難曲とされるこの曲にも自信をもって臨んでいるだろうし、半世紀前とはいえアナログ録音技術の完成された時期の英デッカによるセッション、悪かろうはずもない。
冒頭、大地礼賛の序奏でファゴットがテーマを奏で、それに木管群が次第に絡んでいくあたり、各ソロ楽器の聴こえ方がホールでの実演に近い。ほどよい距離感と左右の広がりが見事に再現されている。主部に入ってからの切れ味のいい弦楽群や決め所で現れるグランカッサやティンパニなどの一撃もいいバランスで聴こえてくる。第二部は静かなラルゴの夜の音楽で始まる。フルートやヴァイオリンのソロで官能的なメロディーが現れ、次第に音楽は熱を帯びていく。トランペットの印象的なメロディーでいけにえの儀式が始まり、曲はクライマックスへ向かう。 久々に聴いて、初演の際の騒動はさもありなんと思いつつ、21世紀の今聴くと整然とした古典になりつつあるなあとも感じた。


ストラヴィンスキーのバレエ三部作原典版による録音で話題になった気鋭のフランソワ=グザヴィエ・ロト(1971-)と、ピリオド楽器による手兵のオケ<レ・シエクル>によるプロムスでのライヴ。演奏は6分過ぎから。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)