バルビローリ&バレンボイムのブラームス



三月も十日を過ぎた。朝晩はまだ冷え込むものの日中の陽射しは明るく、昼休みにちょっと外へ出るときなどはコートも不要。あと二週間もするとボチボチ桜の便りだ。
さて週末金曜日。予定していた仕事がトントンと片付いたので少々早めに退勤。帰宅後ひと息ついて、いつもより早い時間の音盤タイム。先日のクレンペラー&バレンボイムで思い出し、こんな盤を取り出した。


DSCN5711 (540x540)  201703_Baremboim_Barbiroli.jpg


バレンボイムがジョン・バルビローリ(1899-1970)と組んたブラームスのピアノ協奏曲全2曲。1967年録音。クレンペラーとのベートーヴェンと前後して録音されたものだろう。オケも同じくニュー・フィルハーモニア管弦楽団。手持ちの盤は、1969年9月にリリースされたときの国内初出LP。十数年前にひと山ナンボで箱買いしたLP数百枚の中に混じっていた。あまり詳しくは書けないのだが、何でもその頃、国内某倉庫から大量のLPデッドストックを入手した輩がいて、その方からクラシックなら何でもOKという無差別攻撃の条件で格安で分けてもらった。ほとんど未開封。今夜はこのうち第2番変ロ長調に針を下ろした。ほぼ半世紀の眠りから突然呼び起こされたもので、まったくノイズレスの音が飛び出してきた。

さてこの演奏。録音時期をみて察しがつくように、バルビローリの現在まで残る名演の中でも評価の高い一連の録音を残した充実の時。ウィーンフィルと同じEMIに入れたブラームスの交響曲全曲もこの時期だ。そこから想像できるように、このブラームスも濃厚なロマンティシズムに満ちたバルビローリ節が全開だ。
冒頭からゆったりとしたテンポで開始。ホルンのフレーズを受けて、バレンボイムがごくわずかだが早いタイミングで出てきて思わず苦笑してしまった。当時70歳を前にしたバルビローリの深い呼吸に、まだ弱冠27歳のバレンボイムの勇み足というところだろう。
スケルツォ楽章をもち50分を超える4楽章構成、重厚かつ雄弁なオケパートといったことから、ピアノ独奏付き交響曲と称されるこの曲。ピアノパートは何気なく聴いていると派手な技巧を披露する感じはないのだが、なんでもピアノパートは数あるピアノ協奏曲の中でももっとも難しい曲の一つだそうだ。バレンボイムはブラームスということと、やはりバルビローリのリードがあってか、クレンペラーとのベートーヴェンと比べるとずっと自在な弾きぶりで、現在まで続く彼らしいやや濃い口かつ重厚な音楽を繰り広げていく。

やはり総じてバルビローリペースのこの演奏。かつて吉田秀和が著書の中で、バルビローリのブラームス(ウィーンフィルとの第2交響曲)を酷評していたが、おそらくこのバレンボイムとのブラームスもアウト!だろう。これは当時勢いよく世に出てきた若者バレンボイムと、濃厚なロマンティシズムで晩年を彩ったバルビローリとの邂逅の記録だ。この盤がリリースされた1969年9月のひと月前には、三沢高校太田幸司の力投に日本中が沸き、さらにもうひと月前にはアポロ11号の月面着陸に世界中が沸いた。バルビローリは翌年1970年、万博に合わせてニュー・フィルハーモニア管と初来日予定であったが、出発前夜7月29日に急逝した。


この盤の音源。第1番と第2番。第2番は51分56秒から。


第2番。チェリビダッケ&ミュンヘンフィルとのライヴ。1991年の演奏と思われる。バレンボイムも50代。堂々たる風格。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)