ショパン<序奏と華麗なるポロネーズ>作品3



ハ~イ!きょうも一日終わったヨ~ン!

IMG_2628.jpg


さて…何となくチェロ週間。今夜はこんな盤を取り出した。

201703_Gendron.jpg  201703_Gendron_Vc_Mastrepieces.jpg


モーリス・ジャンドロン(仏1920-1990)の弾くチェロ小品集。フルニエ、トルトゥリエ、ナヴァラ、ジャンドロンとフランスには名チェリストが多い。ジャンドロンは指揮者としても活躍し、晩年当地群馬交響楽団にも来演。ブラームス交響曲第4番の録音も残している。この盤は十年程前にに廉価盤で出た際に買い求めたのだが、すでに廃盤。収録曲は以下の通り。お馴染みの小品が並ぶ。1960年ジャンドロン40歳のときの録音。ピアノ伴奏はジャン・フランセ。

 1. セレナード 作品54の2 (ホッパー)
 2. オンブラ・マイ・フ (歌劇≪セルセ≫からラルゴ) (ヘンデル)
 3. 白鳥 (≪動物の謝肉祭≫から) (サン=サーンス)
 4. トロイメライ (≪子供の情景≫から) (シューマン)
 5. くまんばちの飛行 (リムスキー=コルサコフ)
 6. ロッシーニの主題による変奏曲 (パガニーニ)
 7. ギターレ 作品45の2 (モシュコフスキ)
 8. 愛の悲しみ (クライスラー)
 9. スペイン舞曲 第1番 (歌劇≪はかなき人生≫から) (ファリャ)
 10. コラール≪主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる≫ (J.S.バッハ)
 11. 序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 作品3 (ショパン)
 12. 常動曲 (フィッツェンハーゲン)
 13. アンダルーサ (スペイン舞曲 第5番) (グラナドス)
 14. ユモレスク 作品101の7 (ドヴォルザーク)

チェロの小品集というのは、こうして夜更けに聴く音楽として最も相応しいものの一つだろう。手持ちの盤にも、カザルスに始まり、フルニエ、ヤニグロ、トルトゥリエ、シュタルケル、藤原真理、徳永兼一郎といったそれぞれに個性的な演奏があって、折にふれ楽しんでいる。中ではヤニグロの盤がもっとも聴く機会多く、このブログでもすでに何度か記事にした。ヤニグロの安定感と切れのある技巧、そして深い呼吸とフレージングの演奏を聴くと、どうしても他の演奏が性急かつ不安定に聴こえてしまう。ジャンドロンの演奏もそんな感じがあって、実のところあまり聴くことがなかった。こうしてあらためて聴いてみると、いかにもフランス系の感覚的な即興性やいきの良さ、ときにさりげない弾きっぷりに感心した。選曲もこうした特質を生かす明るく、よく流れる曲が選ばれている。モシュコフスキではヴァイオリンかと思わせるハイトーンのフレーズを鮮やかに奏で、クライスラーの愛の悲しみやバッハのもっとも美しいコラールの一つBWV639も控え目にさりげなく歌う。

そんな中、さきほどからショパンの<序奏と華麗なるポロネーズ>を繰り返し聴いている。ショパンの作品の大半はピアノ曲だが、数少ない(確か数曲ほどだったか)室内楽曲において、チェロのための重要なレパートリーを残している。この曲もチェロソナタト短調を並ぶそんな曲の中の一つだ。ジャンドロンは速めのテンポでサクサクと弾き進めていて、もってまわったようなところがない。同じこの曲をトルトゥリエが10分以上かけているところを、ジャンドロンは8分を切る。技巧の切れはいいが、それを見せ付けるようなところがなく、サラりと聴かせる感じがいかにもフランス的で洒脱だ。


ジャンドロンの弾くショパンの<序奏とポロネーズ>。


セル&クリーヴランドの黄金期を支えたリン・ハレル(1944-)による演奏。


この盤の主要な曲がまとめてアップされている。


Handel - Serse (Ombra mai fu)(arr.Gendron)
Popper - Sérénade 5:04
Dvorak - Humoresque 8:35
Chopin - Introduction et polonaise brillante 12:14
Schumann - Traumere 20:05
Rimsky-Korsakov - Flight of the Bumble-Bee 23:22
Saint Saens - Le Cygne 24:32
Moszkowski - Guitare (arr.Gendron) 27:42
Fitzenhagen - Moto Perpetuo (arr.Gendron) 30:50
Granados - Andaluza 33:48
Kreisler - Liebeslied 38:03
Messiaen - Quatour pour la fin du temps - Louange à l'étérnité de Jesu 41:12


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

テッド?

こんばんは。
座っているのは、テッドですか。
中に与太さんが入っているのでしょうか。
映画テッドに、たしかノラジョーンズが出てきますよね、
来月コンサートにいくので、そんなこと思いました。

Re: テッド?

テッドでも被り物でもありません。信じてもらえないでしょうが、私そのものです(^^
ある朝、気付いたらこんな姿になっていました。でも、女性からワカイイ~!と言われるようになり、そこそこ気に入っています。
FM大野さんもすぐになれますよ。今週末コストコに急ぎましょう!
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)