ロメロ親子 古典派ギター二重奏曲集



早いもので四月も下旬。きょうは都内での仕事を終えたあと、知人と銀座で落ち合って食事。きのう開店した話題のギンザシックスも遠巻きに確認。外国人観光客も混じり大変な人出だった。知人もぼくも下戸につき、たらふく食べて歓談。それじゃまた、と帰途についた。


201704_GSIX (640x530) 201704_Rengatei (443x560)


10時少し前に帰宅。ひと息ついて、さて週末金曜日。一昨日のマティエカの記事で思い出し、久々にこんな盤を取り出した。

201704_Romero_Duo.jpg 201707_diabelli.jpg


取出したのはロメロ一家、オヤジさんのセレドニオと長男ペペによる二重奏。1976年10月録音。収録曲は以下の通り。19世紀中庸のギター古典期のオーソドクスな曲が3つ入っている。(写真右アントン・ディアベリ)

  1. セレナード イ長調 作品96-1(カルリ)
  2. 協奏的変奏曲 作品130(ジュリアーニ)
  3. セレナード ヘ長調 作品63(ディアベリ)

この盤が出た40年前といえば、すでにロメロ・ファミリーはペペやアンヘルのソロ活動も始まり、十分な人気を博していた頃だ。その時期に、こうした19世紀半ばヨーロッパでギターが広く定着しつつあった時代の、見方によってはやや地味とも思われる純古典曲を選んだこの親子にまず拍手を送りたい。ロメロ・ファミリーはスペイン物ばかりじゃない、ヨーロッパの古典もしっかり演奏できまっせという気概さえ感じる。

演奏もそうしたポリシーを反映するかのように実にオーソドクス。まるで古典派二重奏のお手本のような演奏で好感が持てる。カルリのイ長調のセレナーデは、冒頭の序奏や第1楽章などは、アマチュアの手慰み程度だと、度々出てくる付点音符の処理に手を焼くのだが、さすがに完璧に合っていて格調高い古典的な雰囲気十分だ。ジュリアーニの協奏変奏曲は、70年代半ばの当時人気の高かったジュリアン・ブリームとジョン・ウィリアムスの演奏などと比べると、闊達さや自在にには欠けるだろうが、ぼくはこのロメロ親子の生真面目なくらいきっちりした演奏を好む。ブリームとジョンの演奏はもちろん素晴らしいが、二人の名人芸の方に耳がいく。ディアベリのセレナーデでもロメロ親子のアプローチは変らない。ディアベリ(1781-1858)という、当時のウィーンにあって職業作曲家(ギター専門家ではない)として名声を博した人が書いたウィーン古典派の本流をいく<家庭音楽>の曲想はクラシックギター音楽の貴重な財産。もっと評価され、演奏されていいように思う。

この時代の曲は今であれば19世紀当時の楽器を使い、よりオーセンティックなスタイルで楽しみたいところだが、40年前は今ほどオリジナル志向は強くなかっただろう。ここはモダンギター(使用楽器はジャケット写真でみると、父セレドニオがラミレス、長男ペペがバルベロ1世だろうか)による70年当時のオーソドクスな解釈と演奏スタイルとして楽しむことにしよう。


ディアベリのセレナーデから行進曲とメヌエット。原曲通り第1ギターはテルツギターを使っている。全曲の楽譜はこちら






★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)