カラヤン&VPO1987年ニューイヤー・コンサート



きょうも穏やかで過ごしやすい一日だった。連休を前に世間も平穏。みな仕事に精出しているのかな…
音楽の季節要因というのは人それぞれにあると思うが、ぼくの場合この時期になると聴きたくなる音楽の一つにウィンナワルツがある。多くの日本人には新春のニューイヤーコンサートがすり込まれているだろうが、春本番を迎え、学校も仕事も新年度が始まるこの時期にも、明るくおおらかなウィンナワルツは中々相応しいと思う。と、そんなことを考えつつ、今夜はこの盤を取り出した。


201704_NY_VPO.jpg  201704_NY_VPO_Karajan.jpg


ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)が生涯にたった一度だけその指揮台に立った1987年ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのライヴ盤。1987年・昭和62年…ニューイヤーコンサートの元旦中継もすっかりお馴染みになりつつあった頃、世間はバブル経済のお祭り騒ぎに突入する前夜、あれからもう三十年。歳もとるはずだ。

さてこのレコード。ウィーンフィルが奏で、ムジークフェラインに響く音はまことに立派で非の打ちどころがない。テンポ設定や歌いまわしも極めて自然。どこをとっても不自然さはない。反面これはという面白さやハッとする解釈はほとんどなく、この演奏でなければ…というものがあるかと問われると答えに詰まる。ぼくはカラヤンに対してはシンパでもアンチでもないのだが、世間的あるいは業界内での圧倒的な人気を博しながら、もうひとつ玄人筋にウケがよくないのはそのあたりのカラヤンの資質ゆえだろう。まあ、ニューイヤーコンサートというお祭りだ。解釈を四の五のいうこともない。飛び切りの美音でシュトラウスの豊かな歌にひたれればそれで十分だろう。

この年のニューイヤーはカラヤンが振るということに加え、ソプラノのキャスリーン・バトル(1948-)の登場も話題になった。この盤では彼女が歌う<春の声>が最後のトラックに収録されている。当時のバトル人気はすごかった。黒人ソプラノ歌手ということでは先駆者はもちろんいるが、彼女は取り分けヴィジュアルも物腰もチャーミングで日本でも大そうな人気を得た。
このニューイヤーを振ったカラヤンは2年後の1989年7月に逝去。日本のバブル景気はピークを向かえる。何万円もするクラシックコンサートのチケットが売れ、にわか景気に浮き立った人々がブランド物のスーツを着込んでサントリーホール集う光景。しかしそれも2年後には幕となる。二十数余年も前のことかと思いながらこの盤を久々に聴くと、この先二十年後はと考えてしまう。


ポルカ<観光列車><ピチカート・ポルカ>と続く。


バトルが歌う<春の声>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)