冨田勲の<惑星>



何気なくネットを見ていて思い出した。きのう5月5日は冨田勲の命日だった。ちょうど一年前2016年5月5日に84歳で亡くなった。そうか、もう一年か…と思い起こしつつ、彼の代表作の一つであるこの盤を取り出した。
…おっと、その前に業務連絡(^^。 只今動画サイトGYAO!で例のアレを無料配信中とのこと。5月19日までの限定。アレって、アレ…孤独のグルメ。今回はSeason2全12話。以前見逃した方はこの機にどうぞ。


201705_Tomita_Planets.jpg  201705_Tomita_Planets2.jpg


さてグスターヴ・ホルスト作曲・冨田勲編の<惑星>。
この作品が発表されベストセラーになった1977年当時ぼくはまだ学生で新譜レコードを買うこともままならず、この演奏もFM放送で聴くに留まっていた。手持ちの盤はそれから20年以上経ってから、例によってリサイクル店の百円ジャンク箱から救済してきた。ベストセラーになった盤らしく、この盤とはジャンク箱で度々遭遇。よりきれいな盤に当ればいいなあと買い求め、結局3枚同じ盤が手元にある。説明不要の演奏だが、実際久々に聴いてみても中々新鮮だ。

第1曲「火星」に入る前のイントロは、宇宙船コックピット内の会話を模した擬音から始まり、ジェットエンジンが轟音と共に点火する様子が展開する。この出だしからして70年代SFのイメージ満載でわくわくしてくる。「惑星」というともっぱら第4曲「木星」ばかりが取り上げられるが、「火星」や「金星」も劣らず素晴らしい。この曲は冨田勲が一人スタジオにこもってモーグ・シンセサイザーを操り、ダビングを重ねて作ったわけだが、シンセサイザーならではの大胆なダイナミズムや音像の定位など、オーディオ的観点からも見ても今だ素晴らしい音質を聴かせてくれる。最新のリマスタリングされたCDも聴いてみたくなる。


組曲<惑星>~イントロ・火星~


これも冨田勲の代表作<新日本紀行>のテーマ。
なお1969年まで使われた旧テーマ曲はこちら



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

一周忌

こんにちは。
冨田勲の命日だったのですね。
「ドビュッシー」「展覧会の絵」そしてこの「惑星」
70年代に聴いて聴いて聴き倒しました。
幻想的な電子音に「未来の音楽」を感じていました。
いま、冨田の後継者と呼べる人が日本にいないことをさみしく思います。
(ボカロはなんか違う気がする・・・)

Re: 一周忌

木曽のあばら屋さん、こんばんは。
ぼくら世代は、音楽好き、オーディオ好き、ひっくるめて一連のアルバムにはかならず傾倒したものと思います。いま聴いても圧倒的なオリジナリティとクオリティーで、これをアナログシンセサイザを駆使して、気の遠くなるような手順で作り上げたことは信じがたいのひと言ですね。後継者…いないのかなあ。まあ、これだけの偉業のあとは、何をどうしたらいいのか思い悩むでしょうね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)