アルベニス<スペイン組曲>



きょうも暑い一日。先日来の流れで、今夜もスペイン物で暑気払い。こんな盤を取り出した。


DSCN5956 (560x560)


イサーク・アルベニス<スペイン組曲>の管弦楽編曲版。フリューベック・デ・ブルゴス指挿ニューフィルハーモニア管による60年代中庸の英デッカ録音。この盤は先年80歳で亡くなったブルゴス(1933-2014)が残した御国物の一つで、管弦楽編曲もブルゴス自身によるもの。手持ちの盤は10年ほど前に廉価盤で出た際に買い求めた。原曲ピアノ、そしていくつかはギターへの編曲でも知られた曲が色彩豊かな管弦楽で奏され、スペイン物ファンでなくても一聴して楽しめるだろう。収録曲は他に、ファリャ/恋は魔術師、グラナドス/ゴエスカス間奏曲。

まったくぼく個人の感覚だが、クラシックギターの世界でスペイン物と聞いて真っ先に思い起こすのは、近代以降のアルベニスやグラナドス、ファリヤ、モンポウ。彼らのオリジナル作品やいくつかの編曲物だ。もちろんビウエラ時代の作品までさかのぼる系譜はあるだろうが、<スペイン物>という呼称・愛称からは遠い。またその後20世紀以降では、スペイン文化の色濃い中南米のギター音楽もあるにはあるが、スペインという独自の風土からは遠く感じる。

クラシックギターを始めた高校時代、同僚がマラッツの<スペイン風セレナーデ>(原曲はピアノ曲)を盛ん弾いていた。ぼくは「どこがいいの?その曲」と、まったく関心を持たなかったし、アルベニスやグラナドスの編曲物もー向に弾きたいと思わずにいた。それがどうしたことか、この歳になってからスパニッシュLOVE。最近はコテコテのスペイン物が無性に弾きたい。
アルベニスやグラナドスというと決して大曲を残した作曲ではないし、近代音楽の系譜からすれば、本通りから少し入った路地に咲いた花、ちょっとローカルなサロン風音楽といった域を出ないかもしれない。しかし、親しみやすいメロディーとスペイン色満載のリズムや和声感などは独自の魅力にあふれる。かつてはそれほど魅力とも思わなかったそうした資質がこの歳になって妙にシミのだ。 だが、アルベニスやグラナドスのギター編曲物をいざ弾こうとするとこれが中々手ごわい。特に左手の難易度が高い。アルベニスの<スペイン組曲>からは何曲もギターにアレンジされているが、いずれもアマチュア上級以上向けだ。<グラナダ>をゆったり弾こうと思うが、ハイポジションの連続は、ちょっとした押え具合で高音弦の音程が不安定になる。華やかな<セヴーリヤ>は以前少しトライしたが、そのままだ。昔は何とも思わなかった<カディス>は現在もっとも弾いてみたい曲の一つだが、よく出回っているニ長調版はハイポジションの扱いで苦労するので、最近イ長調版で様子うかがい中。日頃から19世紀の古典ギター隆盛期の良さを唱えているが、やはり近代スペインの音楽もギター弾きには魅力的な世界だ。


ブルゴス&デンマーク放響の演奏。アルベニス<スペイン組曲>管弦楽版から<セヴィーリャ>


同曲のギター版


マラッツ<スペイン風セレナーデ>の弦楽オケ版


同曲のギター版



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)