バッハBWV853



三連休中日の日曜。どんよりとした雲に覆われがちながらもじわじわと気温上昇。昼をはさんで家内作業少々。夕方には車点検で行きつけのディーラーへ。他、格別のこともなく淡々とした日曜日。夜半近くになって、数日ぶりにアンプの灯を入れた。


DSCN5995 (560x560)


派手にドンパチやる音楽を聴く気にもならず、心静まる音楽をと、バッハ平均律のアファナシエフ盤を取り出す。よくよく録音データをみて、もっとも長く、かつ調性記号の多そうな曲を選んだ。アファナシエフの場合は第1集第8曲変ホ短調BWV853がそれにあたる。前奏曲に5分12秒、フーガに7分46秒を要している。調性は変ホ短調でフラット6つ(フーガ部は嬰ニ短調としてシャープ6つで記されることことが多い)

いつもながら静かに深く沈みこむバッハ。ここ数年、平均律といえばもっぱらアファナシエフを聴いている。グールドの演奏が1曲1曲に意を尽くして様々なアプローチを展開するに対し、アファナシエフは平均律全曲に対して統一したコンセプトで臨んでいるように感じる。曲想の違いは解釈ではなく、もっぱら曲そのもの、バッハの楽譜そのものの違いによって表出される。だからどの曲を聴いても、同じ向かい合い方が出来るように感じるのだ。アファナシエフのバッハへのアプローチは技法的にはややロマンティックに寄っているだろうか。和音はやや分散和音的に弾く。楽曲全体に過度の緊張感や厳しさを持ち込んでいない。このBWV853に対しても同様だ。深く静かに進むが、厳しさはなく、どこかやるせない寂しさとあきらめが付きまとう。


パトリシア・ハーゼという若いピアニスト。ぼくは寡聞にして不案内。


リヒテルの演奏による前奏曲。


ヴィラ・ロボスがチェロ合奏用にアレンジした前奏曲。
>

アファナシエフ盤の第1集後半。BWV853は7分03秒から



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)