ガーシュインのピアノ音楽



野暮用で仕事は休み。昼前後には終わってあとはのんびり…と踏んでいたのだが、思いのほか手こずり、結局終了は夕方近くに。まあ、そんなこともあるよね…と帰宅後一服。ついでにこんな盤を取り出した。


201707_Gershwin.jpg


<ガーシュインのピアノ音楽>というタイトルの一枚。
十年ほど前にネットで知遇を得た方から箱買いしたLPの中に混じっていた。CDでも一時期出ていたようだが現在は廃盤の様子。
A面にガーシュイン・ソング・ブックという1932年に出版された18曲の小品集が収まっている。いずれもガーシュインのミュージカルナンバーをピアノアレンジしたもの。おおむねジャズやラグタイムのスタイルによる軽快なショートピースだ。B面は「劇場外のざわめき」という題の、ガーシュインが17歳のときの作曲したラグタイムで始まる。マイナー・キーによるスィング感がなかなか切なくて聴かせる。
ぼくはガーシュインの特別なファンでもなく素養もないので、語ることも出来ないが、ガーシュインはクラシック音楽にジャスの手法を持ち込んだという言われ方をする。一方で、こうした作品を聴くと、根っからのポピュラー音楽の作家と感じるし、その素養としてのピアノ作品の手法や管弦楽の手法についてはクラシカルな伝統技法を身に付けていると解釈するのが適当かもしれない。ピアノに心得のある向きは、例のIMSLPのサイトで楽譜が閲覧できるので、トライしてみてはいかが。


<Gershwin–Songbook>全18曲


<劇場街のざわめき:Rialto Ripples> ガーシュイン自身のピアノロールによる音源。ギターデュオにアレンジしてもよさそうだが、すでに誰かトライしているかな…



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)