バッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲ハ短調BWV1060



八月もきょうで終わり。天候不順だった関東地方。東京の八月の日照時間は史上最短になりそうだと、ネットのニュースが伝えていた。きょうも時折小雨の降る一日。北東風の流入で気温も上がらず。このまま夏も終わるのだろうか…。 さて、天気とは裏腹に業務は順調に推移。きょうも気になっていた案件がスムースに進み休心。帰宅後、ひと息付いて音盤タイム。きのうのホリガーのオーボエがきっかけで、こんな盤を取り出した。


201708_JSB_Vcon_Suwanai.jpg


諏訪内晶子が弾くバッハのヴァイオリン協奏曲集。オケはヨーロッパ室内管弦楽団。2005年ロンドンでの録音。ぼくには珍しく発売とほぼ同時に輸入盤で買い求めた。バッハのヴァイオリン協奏曲集ということで、あらためて記すまでもないが、収録曲は以下の通り。

 ・2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
 ・ヴァイオリン協奏曲 第2番 ホ長調 BWV1042
 ・ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 ハ短調 BWV1060(R)
 ・ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 BWV1041
   諏訪内晶子(ヴァイオリン、指揮)、ヨーロッパ室内管弦楽団
   フランソワ・ルルー(オーボエ)、フォルクハルト・シュトイデ(ヴァイオリン)

以前、この盤のBWV1043の記事を書いたが、今夜はもう一つのドッペル、ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲を聴く。ヴァイオリンソロはもちろん諏訪内晶子、オーボエはフランスの名手で世界トップとの誉れ高いフランソワ・ルルー(1971-)。

世にドッペルコンチェルトの名曲は多い。その代名詞のようなブラームスのVn&Vcのドッペル。モーツァルトのVn&Va、Fl&Hrp、そしてバッハの2台ヴァイオリンBWV1043が即座に思い浮かぶ。加えて、このヴァイオリンとオーボエのための協奏曲も劣らず名曲だ。LP時代までのバッハのヴァイオリン協奏曲集というと、このヴァイオリンとオーボエのための協奏曲が収録されていないことが多かったように思う。2台チェンバロ協奏曲BWV1060の原曲としての復元と、CDになって収録時間が延びたことが幸いして、この盤のようにすべてを聴けるようになった。もちろん2台チェンバロ版もいいが、このヴァイオリンとオーボエの組み合わせは、この曲がバッハ作かどうかの真偽に疑問があることを考慮しても、素晴らしく魅力的だ。第一楽章を貫く豊かな歌。両ソロ楽器の綾なす二次元的広がりに、雄弁なバスパートが加わり、音楽はまさに生き物のように立ち上がる。第二楽章は淡々と拍を打つ弦のピチカートにのって、ヴァイオリンとオーボエが果てることのない美しい旋律を奏でる。

この盤は全曲、諏訪内晶子の弾き振りということになっているが、コンセプトしては決して彼女のオンステージという感じはなく、名手揃いの合奏体によるアンサンブルを聴く盤だ。録音もソロヴァイオリンだけにフォーカスすることなく、相方の名手フランソワーズ・ルルーのオーボエはもちろん、オケの響きも十全に響き渡る。いずれの曲も活力と推進力に満ち、美しさと強さと奥深さと、そうしたものをみな併せ持つ。録音も過度な残響を排して各パートがクリアにとらえられ、取り分け低弦群の動きがリアルで、時々ソロパートそっちのけでチェロ・バスのパッセージに聴き入ってしまうほどだ。古楽をオーセンティックに楽しむ風情ではなく、あくまでモダンな今風の解釈と音響だが、その代表格といえる演奏だ。

ニューヨーク・クラシカル・プレイヤーズという団体による演奏。


リヒター盤のスコア付き音源。やはり時代を感じさせる演奏だ。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)