演奏初公開  レイス;もしも彼女がたずねたら  ソル;ワルツOp.32_6


昨日の愛好家による発表会に刺激されたこともあり、かねてより懸案だった演奏録音を試みてみた。本当はデジカメか何かで動画撮影しようと思っていたのだが、手持ちデジカメの性能がいささか低く断念。ノートPCで音のみ収録することにした。拙宅の中では比較的響きにいい玄関ホール(というほど広くはないが)で、ノートPCのみを使って録音した。従って当然モノーラル。マイクの指向性もないのでバックノイズもそのままだし、ピークで音もつぶれている。録った音そのままだとあまりに味気ないので、フリーソフト;SoundEngine Freeで少しだけエコーを加えている。音量レベルは同ソフトでノーマライズをかけてみた。ただギターのピークはかなり高いので、それを抑えることから全体としての音量レベルは少し低いようだ。もし音が小さいようだったらYouTube画面の音量設定やPC側音量設定を上げてみていただきたい。


曲はこのところ気ままに弾いている、ブラジル風演歌といった感じのディレルマンド・レイス「もしも彼女がたずねたら」と古典的なソルのワルツOp.32-6を選んだ。共に3分に満たない小品だが、いざ録音となると案外と難儀した。録音ボタンを押しただけで妙に緊張し、すぐに音を外してしまう。ステージであがるのと同じパターンだ。何度か録り直しをしてみたが、予想以上に時間がかかることが分かったので、ほどほどのところで手を打ることにした。当然ミスタッチ有り、自分の解釈を表現し切れていないところ多々有り、お恥ずかしいことこの上ないのだが、これも試練と公開しましょう。ネットをみると多くの愛好者が録音や動画をアップしているが、中々の努力がいることを確認した今は感心ばかりだ。








↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)