ピリスのショパン



日経新聞文化欄の「私の履歴書」。九月から湯川れい子(1936-)が登場している。すでに十話。戦中の幼少の頃を過ぎ、戦後の青春時代から大人の女性に成りつつある頃まできた。きょうは初めてダンスホールへ行き<マンボズボン>を履いたカッコいい男性に誘われるくだりだった。
「私の履歴書」は各界の著名人、第一人者の生涯を連載でたどる。日経新聞という性格上、登場するのは企業人・財界人が多いが、政治家や文化人などもしばしば現れる。いずれも一時代を成した人、その道の第一線を切り開き歩んできた人ということもあって、年齢的には70歳から80歳位の人が多いだろうか。人生の節目になった出来事など、それぞれに面白いが、ぼくが最も興味をもって眺めるのは、それぞれの時代の様子、空気、雰囲気…そんなものだ。
例えば、いま登場している湯川れい子。父は軍人、母は武家の娘。幼少の折は東京山の手に住む。父は務めから帰ると着物に着替える。無駄のない所作でそれを手伝い、脱いだ衣服を手際よくたたむ母。終戦の玉音放送のあと母に呼ばれ、「これからはいろいろな人間がやってくる。もし辱めを受けるようなことがあったら、これで自害しなさい」と、懐刀の使い方を教えられる…。そんな描写を読みながら、ぼく自身の記憶にもない、今となってはおそらく日本のどこにも見られなくなった光景を想像すると、意外にリアルなイメージが頭の中に広がり、もしそうした時代に生きていたら、どんな風に過ごしていただろうかと、とりとめもなく考える。数分で読める連載だが、そこから広がるイメージが存外に大きく、職場の書架から取り出して休憩時間に眺めるのはちょっとした楽しみだ。ちなみに連載小説も今月から新たに林真理子の「愉楽」が始まった。初回からシンガポール駐在の男と人妻との情事の場面で始まり、こちらも仕事の手を休めてリフレッシュするにはちょうどいい塩梅だ。


201709_Pires.jpg


さて、きょうは前ふりが長くなってしまったが…週明け月曜の夜。久しぶりにこんな盤を取り出した。
マリオ・ジョアン・ピリスの弾くショパンの後期作品集。2008年録音の2枚組。収録曲は以下の通り。

<ディスク:1>
ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58
2つの夜想曲 作品62 夜想曲 第17番 ロ長調 作品62の1
2つの夜想曲 作品62 夜想曲 第18番 ホ長調 作品62の2
3つのマズルカ 作品59 マズルカ 第36番 イ短調 作品59の1
3つのマズルカ 作品59 マズルカ 第37番 変イ長調 作品59の2
3つのマズルカ 作品59 マズルカ 第38番 嬰ヘ短調 作品59の3

<ディスク:2>
1. ポロネーズ 第7番 変イ長調 作品61≪幻想≫
3つのマズルカ 作品63 マズルカ 第39番 ロ長調 作品63の1
3つのマズルカ 作品63 マズルカ 第40番 ヘ短調 作品63の2
3つのマズルカ 作品63 マズルカ 第41番 嬰ハ短調 作品63の3
3つのワルツ 作品64 ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64の1≪小犬≫
3つのワルツ 作品64 ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64の2
3つのワルツ 作品64 ワルツ 第8番 変イ長調 作品64の3
マズルカ 第45番 ト短調 作品67の2
マズルカ 第47番 イ短調 作品67の4
チェロとピアノのためのソナタ ト短調 作品65
マズルカ 第51番 ヘ短調 作品68の4

ショパンは1810年に生まれ、1849年に39歳で亡くなっている。この盤にはその晩年1844年以降の作品がほぼ網羅されている。この頃ショパンは体調を崩し、父を失い、ジョルジュ・サンドとの別れもあった。まさに失意の晩年だったろう。若い頃はショパンに対して<女学生が甘ったるい小説を小脇に抱えながら聴く音楽>といった、いささか偏見めいた印象もあって、積極的に聴くことはなかった。しかし近年、特に後期作品やマズルカなどは頻繁に聴き、その良さを実感するようになった。この盤はそんなぼくの最近の心情にジャストミート。滅多に新譜には飛びつかないが、この盤は発売されてまもなく出会い、迷わずレジに持っていた。

ピリスは抑え気味の抑揚で静かにショパン晩年の心情をなぞるように弾いている。オーディオの音量をやや控え目にして聴くとより味わい深く響く。<子犬のワルツ>もピアノ発表会聴くような陽気にパラパラと弾く様には遠い。マズルカは沈み込んだ音調がいっそう聴く側の心を打つ。
チェロソナタは多くのピアノ独奏曲にはない渋い曲想の佳曲。晩年の作品あるいはショパンの作品とは思えない起伏と力に満ちたフレーズもときにあるが、しかし底流には心折れるような悲痛でメランコリックな曲想が流れる。この盤ではパヴェル・ゴムジャコフという1975年ロシア生まれのチェリストが弾いていて、やや暗めの音色でよくこの曲のイメージをつかんでいる。


この盤のプロモーションビデオ。ショパンの晩年作品について語り、弾くピリス。


チェロソナタ。この盤の演奏音源。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)