最近弾いたギター 2017年初秋



最近弾いたギターの印象。備忘を兼ねて記しておこう。
そもそも日々ろくろく弾きもしないのに、楽器についてあれこれ講釈するのは、まったくもって不本意なのだが、気になる楽器があると身体がムズムズしてくるのは、もはや性癖を通り越して病気かも知れない。しかし周辺には更なる重症患者もいるので、気を楽にして程々に病気と付き合っているのが現状だ。最後に楽器を買ったのは2014年秋のオルディゲス(あっ、こんなのもあったか)。その後、症状は落ち着いていたのだが、この春くらいから少々ソワソワが続いている。そんな中、久しぶりに楽器店を巡回。以下順不同にインプレッション他を。どこの店かを明かさない方がいいかなと思い、年式他詳細情報は伏せておく。もっとも、ちょっとネットをサーチすれば分かるだろうが…。


■ドミンゴ・エステソ■
松・シープレスのエステソ。表板・裏板ともクラック修理跡があるが適切に修理されていて問題なし。ネックや指板の状態もよかった。この時代の楽器らしく、軽いボディーと薄めの表板により低音ウルフトーンはF#辺り。低音がドンと鳴り、高音も木質系ながら反応よく、高音のハイポジションのつまりもなし。音量も十分。相場よりも少々低めの価格設定。シープレスというと現代的視点ではフラメンコギターをイメージしてしまうのか、横・裏がローズ系(いわゆる黒)になると、それだけで3割程価格アップする。音に関してはシープレスは決して悪くない。

■フランシスコ・シンプリシオ■
トルナボス付き。松・ローズ。店主が調弦しているときから、6弦開放のEがドーンと部屋に満ちてびっくり。ドンッ、だけでなくサステインもあって、ドーンと尾を引く。高音ハイポジションは全体にややつまり気味だが、トルナボスの響きがのって、曲を弾くとそれほど気にならないだろう。エステソと比べると男性的で豪放な音。全体に均一で整っていたエステソはとは好対照。委託品とのことで、持ち主がペグをピカピカの後藤に替えてあったり、横板と裏板が材質も違っていて、店主曰く、一度開けて裏板を張り替えているようだとのこと。私もそうみた。そのあたりもあってか価格も安めに設定してあった。

■矢木聡明ブーシェモデル■
初めてみる楽器。アマチュア製作コンクールで優勝経験もある愛知の方だそうだ。ブーシェモデルだけにこだわって作っているとのこと。細部まで丁寧に作られていて、特に指板の工作精度は素晴らしく、ほれぼれした。力のある低音と、太い高音で、全体にやや渋めの玄人好みながらいいギターだった。

■佐藤忠夫■
3本在庫してあった佐藤忠夫の作品中、松・メープルのモデルを試奏。特徴的なヘッドデザインが好みの分かれるところだろうか。他全体の工作精度はまずまず。ネックの状態もよい。音もメイプルらしく、少し短めの余韻を伴って、コロコロ・コンコンとよく鳴っていた。低音も十分で、20万円を切る価格は超お買い得と感じた。

■中野潤サントスモデル■
もっぱらトーレスモデルやハウザーモデルで知られる中野潤。サントスモデルは注文主からのオーダーもあって、ギター文化館コレクションにあるサントス・エルナンデスを参考にして作られたとのころ。かなりかっちり作られた印象の楽器。低音力強く、高音も立ち上がり鋭く、エネルギー感もあって良く鳴っていた。年月を経た本家サントスのような枯れた味わいはさすがに無理だが、出来たばかりのサントスかくやと思わせる。

■寺町誠MT-2■
国内中堅製作家という印象の寺町誠氏。それでも東京、名古屋、大阪の複数の販売店が常時在庫する背景には、コンスタントに良品を提供している実績あってのことだろうし、その音質や品質も好評だからに違いない。松・マダガスカルローズ(漆黒板目の良材)の新作を試奏。見かけのプロポーションがフレタ似であることから、もっと男性的な楽器かと思っていたが、それほどガチガチではなかった。低音のウルフはG辺りだが、それより低い音域も充実した鳴り。高音はどの音も均一に鳴り、エネルギー感、サステインとも十分。工作精度、音ともに良い楽器。価格も適正。このレベルの楽器を早い時期に手に入れて長く弾き込むというのは最良の選択の一つだろう。

■一柳マエストロモデル■
松・ハカランダの上位モデル。3年程経過した中古品だったが傷は少なく、ネック他楽器としての状態は良好。低音の充実ぶりは今回試奏した一連の楽器中トップかもしれない。どっしりと深く重く響く。中高音は低音側に引っ張られてか、ややマイルドな印象。太く穏やかな響き。こういうバランスが好みの人もいるだろう。

■パコ・サンチャゴ・マリン■
先日来宅した知人が使っていて、一気にファンになってしまったパコ・サンチャゴ・マリン。今回650mmと640mmの両方を試奏した。松・中南米ローズ。2本とも素晴らしくよく鳴る楽器だった。低音は強いウルフトーンは伴っていないが、6弦ローポジションまでしっかりエネルギー感がある。5弦の7~10フレット辺りのつまりも少ない。高音は先日の印象同様、立ち上がり鋭く、かつ明るくよく鳴り、実に気持ちがいい。


…と、初秋の巡回報告は以上の通り。秋は空気も乾き、楽器のコンディションも上向く季節だ。楽器は弾いてナンボ。さて、こんなろくでもない与太ブログなど書いていないで、練習に励みましょうかね。


フランシスコ・シンプリシオ1929


ドミンゴ・エステソ1930


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

無事のご帰還をお慶び申し上げます。(笑)

Re: タイトルなし

この記事読んで、どこを巡回してきたか分かる輩はどれくらいいるのかなあ…
すべてを知っているみっちゃんさん…言っちゃダメよ!

このギターは私が?

セバスチャン ステンツェルのギターでコメントして以来、チョクチョクとブログを拝見させていただいております。大阪在住ですが、2月の終り頃から3月にかけて大阪のギター専門店をはしごして弾き比べて、松井さん、寺町さん、中野さん、江崎さんといろいろと弾くなかで最後に中野潤さんのサントスモデルを弾いて、これは買うべしと思いきって購入しました。
もしかして、書かれているのは私が買ったものかしら?と遅まきながらふと感じた次第でコメントいたします。何か奇遇でもあり。(寺町さんのものもなかなか良くて少々迷いましたが、低音の響きの好感度が大であった中野さんに最後は決めました。)
その後、家で弾き込んできていますが、25年選手でオーバーホールをしてもらったステンツェル以上の鳴りと響きがあり、2016年製作でまだ若くこれからが楽しみなギタ―です。

Re: このギターは私が?

あの中野サントスを手に入れたのですね。素晴らしい! 間違いなく私の試奏した楽器ですね。ロゼッタのデザインがサントスではなく、ロドリゲス風の。あのときは、あさ当地を発ち、昼前に茨木の店、三時過ぎに名古屋の店と強行軍の試奏行脚でした。一番の目的は茨木の店でドミンゴ・エステソをみることでしたが、中野サントスは試奏した何本かの楽器の中でも、もっとも力強く鳴り、心惹かれたギターの一つでした。寺町ギターもいいですよね。このブログの度々コメントを寄せてくれる、みっちゃんさんが寺町ギターを使っていて、いろいろと話を聞いています。
http://guitarandmylife.blog86.fc2.com/blog-entry-1505.html

中野サントスのこと、またいろいろ教えてください。

ロドリゲス風のロゼッタの楽器でそのものズバリです。こんなこともあるんですね。
東京には多種多様なギターがいろいろあると思うのですが、地方まで試奏に行かれるエネルギーに感服いたします。
25年ぶりにギターを買おうとある意味でいろんな楽器を真剣に弾き比べた初めての体験でした。手工ギターはこれほど音も響も違うということが恥ずかしながら初めて実体感覚でわかりました。とても奥が深い世界、でも最後は好き嫌いの世界なのでしょうか。長年ギターを習い、弾いて聞いてきて自分が好きな音、響は何かがきっと芯にあったのか寺町さんのものはコメントされている通り間違いなく良いギターでしたが、何か言葉にうまく表現しがたいものがこの楽器には感じられ、楽器が呼んでいる気持ちがして選びました。ギターを沢山試奏する意味が人生定年近くで遅まきながらなんとなくわかった次第です。

Re: タイトルなし

楽器選びに関心のない人、逆に血道をあげる人、いろいろでしょうが、最後はやはり弾いてナンボですね。最近ろくろく弾いていない私などは楽器道楽の資格なしです(^^;
ゲスな例えで失礼ながら、楽器選びは人生の伴侶選びと似ているような…
…運命的な出会いで以後も迷わず一生添い遂げる
…他人の薦めに従って、後先考えずに選び、それでもよい関係が続く
…厳選、熟考、考え抜いて選んでも、三日で破綻
…生涯デラシネ、浮世の風に流されて
楽器との付き合いの人それぞれでしょうね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)