2017年回顧<六弦編>



本年回顧<音曲編>に続き、きょうは<六弦編>。マイ・ギターライフを振り返る。
クラシックギターを始めたのは1970年高校一年のときだから、足掛け四十年余ということになる。といっても長いブランクもあり、本格再開したのは50歳を前にした頃。 再開後は遅れてきた道楽バブルよろしく、楽器調達に他流試合にと楽しく過ごしてきた。幸い、若い頃に比べて指が動かなくなったという感じはない。当時弾けたものは今も弾ける、弾けなかったものは今も弾けない。しかし還暦オーヴァーとなった今、それもいつまで続くか。短時間でも毎日楽器に触れるようにしたいと思うが、中々それも出来ずにいる。

現状
201712_Guitars.jpg

恥ずかしい過去
201712_guitars_2.jpg


◇楽器◇
今年は楽器の出入りはなし。一昨年からメンバー固定継続。ギター再開から十年余となり、この間、恥ずかしいほど様々な楽器を手にしてきたが、ここにきてようやく収束の感がある。ハウザー3世、ラミレス3世、オルディゲス、サイモン・マーティー、田邊雅啓、英チャペル、手持ちの楽器のいずれもがそれぞれに個性的な音を奏でてくれていて、不足も不満も少ない。もし今後出入りの可能性があるとすれば、かねてよりいくつかの楽器店に声をかけている楽器が入荷したときくらいだろうか。サントス、エステソ、アグアド…そのあたりで状態のよいものがあればという話だが、何としてもというほどの熱意もなくなった。

◇宅録◇
今年は年頭に小品をいくつか録音したものの、それ以降は録音からも縁遠くなってしまった。そもそも、身辺諸事情もあって楽器を手にする時間が激減してしまった。何週間も楽器を手にしないこともあって、たまにケースから取り出しても練習らしい練習には至らず、気ままにスケールやエチュードを弾いておしまいということが多かった。
あちこちで見聞きした受け売りのブログ記事など書いているよりは、楽器は弾く身であれば下手でも演奏録音のアップの方がずっとオリジナリティーがあるだろう。録音して聴いてみると、自分が意識せずに弾き飛ばしているところ、意識しているが理にかなっていないところなど、よくわかる。楽器弾きは録音すべし、と自戒の一年だった。

◇アンサンブル◇
アンサンブルに関しては、同じギターの他フルートやチェロの相手にも恵まれながら、ぼくの個人的事情でお誘いに応じられない状況が続いている。今年は三月にチェロ相方の弾くヴィヴァルディのチェロソナタに<なんちゃって通奏低音>で参加したのが唯一だった。アンサンブルはソロ演奏よりずっと楽しい。何とか時間を作ってトリオやデュオで遊ぶ機会をもちたいと思っている。


以下はYOUTUBEにアップしている演奏音源。楽譜を開いて、初見プラスアルファでチョイ弾きした小品ばかり。それぞれがプレイリストになっている。リンクをクリックして<すべて再生>を押すと連続再生がスタートする。繰り返し聴く気になるようなものではないが、まあひやかしに覗いて「下手くそ、このスットコドッコイ!」とでも叫んで下さいな(^^;

◇佐藤弘和 48のやさしい小品集より Part1◇
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efOLDDkOMwokgUCGY3GUTuha
◇佐藤弘和 48のやさしい小品集より Part2◇
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efMx1g8mfgVwTs01Mb2mcFyu
◇佐藤弘和 48のやさしい小品集より Part3◇
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efMzw-WemSAXiJn6tH6RWYZt
◇佐藤弘和 48のやさしい小品集より 短調作品三題◇
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efODQA8HTN1EoudAw9qt7jsX
◇カルカッシ 25の練習曲より◇
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efNzj41ayqkwX7nnC_lymnUN
◇初級定番課題曲三題◇
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efNJHgnBPU02uKzWvj3TO0mq
◇フルート・チェロとのアンサンブル◇
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efOSB3ANatVR54NDEbZnt_yy


以下の本ブログのギター関連記事リンク。
◇ギター工房訪問記◇
庄司清英(大阪)
野辺正二(浦和)
中山修(久留米)
堤謙光(浦和)
廣瀬達彦/一柳一雄・邦彦(名古屋)
松村雅亘(大阪)
西野春平(所沢)
田邊雅啓(足利)
田邊工房2014年

◇ギター関連カテゴリー◇
カテゴリー<楽器談義>
カテゴリー<ギター全般>
カテゴリー<演奏録音>


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

今年の一大事件として、「1日ギター物色ツアー」と「トーレスモデル物色の道草」は外せないと思いますっ!

Re: タイトルなし

ギターバカ丸出しの日帰りツアーやら道草やら…忘れてくださいな(^^;
実はもっと秘密のこともあるのですが、ちょっと言えません(^^; いずれまた…
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)