G・グールド ~The Little Bach Book~


すっかり日が長くなった。日中の陽射しもたっぷり紫外線を含んでいる感じが伝わってくる。ちょっとした陽気の振れ具合で寒くも感じるが、もう初夏もすぐそこだ。明日からまた一週間が始まるという日曜の晩、グールドの弾くレコードが取り出した。


DSCF7467.jpg


11歳のグールド少年が写っている印象的なジャケットのこのアルバムは、彼がゴールドベルク変奏曲でデヴューしてから25年がたった1980年に作られ、25周年記念アルバムとしてグールド自身が選曲にあたった。実際このアルバムには1955年のゴールドベルク変奏曲のアリアに始まり、彼のバッハの盤歴とたどるように曲が選ばれている。多分、曲順やA面・B面の切り分けにも彼なりの意図があるものと思う。
こうして25年に渡るグールドのバッハ演奏を聴いてみると、年齢による変遷、加齢による円熟、そうしたものをほとんど感じない。もちろん最初のゴールドベルクと再録された晩年のそれとはテンポといい、細部の曲の運びといい随分違う。しかし表面的なテンポや音色感の違いにもかかわらず、彼の音楽の本質的なところはほとんど変わっていないように感じる。彼の演奏は多分最初から、少なくてもプロフェッショナルとして公衆の面前で演奏し出した頃から、すでにすべてが出来上がっていたのだとう。それはまた公衆の前から消え、一人スタジオでスタインウェイと対峙するようになっても変わることはなかったように思う。





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)