ソルの名曲 幻想曲ホ長調 Op.54-bis


先日30日土曜日に川越で行われたmixiギター仲間によるプチ発表会は、幹事役のIさんの人徳もあってギターにとどまらず様々なジャンルの古楽器・珍楽器が集合。とても刺激に満ちたものだった。ギターに関しても19世紀ギターのオリジナルが3本登場して、それぞれ個性ある音を響かせていた。今回はパガニーニの協奏ソナタを19世紀ギターの二重奏でトライしたのだが、もう少し練習を積めばよかったと反省しきりだ。それでも次への夢もふくらんで、いずれはこの曲を…と相方の旧友Y共々思っているのが、フェルナンド・ソル作曲のギターデュオの名曲、幻想曲ホ長調Op.54-bisだ。われわれギター愛好家の中では「ソル54のビス」で通じる。


DSCF7490.jpg


今更ソルについて、語る必要も資格もないのだが、実際彼の曲は優れて音楽性が豊かだ。彼の曲を弾いていると簡単なエチュードであっても弦楽四重奏や室内管弦楽にその曲がアレンジされ演奏されている様子や響きがイメージできる。それだけ和声が豊かで古典的様式美を備えている。
曲は大きく3つの部分から出来ている。最初のAndanteは続くAndantinoへの序奏といった扱いだが、Maestoso風の出だしとそれに呼応する美しいメロディがとてもキャッチーだ。Andantinoはソル得意の変奏曲形式で、ホ短調のロマンティックなメロディーが印象的だ。技巧を凝らした三連符を多用した変奏から終曲のAllegro dans le genre Espagnolへアタッカで進む。表題通りのスペイン風のリズム、豊かな和声感、アポジアトゥーラを駆使した美しいメロディーなど、ソルの傑作といわれるに相応しい名曲だ。ちょっと今風の映像の演奏があったので貼っておこう。クラウディオ・マッカリとパオロ・プリエーゼという二人組みがノリノリで弾いている。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ソル

ソルの幻想曲は傑作です
パガニーニの編曲ものよりは技術力を除けば、問題は少ないように思います
オリジナルとコストのコンチェルタンテ版がありますが…
オリジナルのほうが自然でいいようです

もう一曲、軍隊幻想曲?もけっこう好きな曲で~す

また、近いうちに二重奏を始めましょうネ

今日は充実した一日でした、ラミーちゃんと確認しました
いい楽器です

しかし、本物のシュタウファーの前では…
単なる19世紀ギターでした
それほどシュタウファーは凄い楽器でした

Re: ソル

Mazaさん、こんばんは。与太です。

ヨーロッパ古典音楽の伝統と本流に即した曲作りをしたソルが、生まれ故郷のスペインの流儀を表に出した作品はこれが唯一ですかね。OP.54bisは、いつか弾いてみたい曲です。
Lamy、シュタウファーの話がいずれまた…

軍隊ディベルティメント

軍隊幻想曲でなく軍隊ディベルティメントでした

54bisは献呈したのがあのウゼ嬢
ロメロコレクションから出版された幻想曲WoOの献呈者
おそらくかなりの弾き手に成長したのでしょう

3楽章は晩年の帰るにも帰れない
ソルの望郷の思いだったのかもしれませんネ
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)