ハチャトゥリアン 仮面舞踏会


毎度ブルーな週明け月曜日。4月に入り新年度になってからアクシデント続きで万事あたふたとした日々が続いている。悪いときに悪いことが重なり、何とか切り抜けれれると思いきや、思わぬ伏兵が現れる…そんな毎日の連続だ。まあ、勤め人の人生なんてそんなものかと悟りながらも、こう冴えない状況が続くと、いささかうんざりだ。こんなときは、ひとつパーッと派手に遊ぶ才覚も財力ももないので、ちょっと派手めな音楽でも聴いてお茶を濁そうか。


DSCF7541.jpg  DSCF7544.jpg


ご覧の盤は、旧ソビエト時代の指揮者キリル・コンドラシンが米ソ冷戦の最中に敵地米国でRCAビクター交響楽団と録音した有名が盤だ。アメリカの青年、ヴァン・クライバーンが1958年の第1回チャイコフスキーコンクールにソビエトの俊英を差しおいて見事優勝、その凱旋公演にソビエトのコンドラシンがついてきて、その際にアメリカのオケを振っていくつかの盤を録音した。そのうちの1枚というわけだ。
第1曲、ハチャトゥリアンの仮面舞踏会のワルツからゴージャスな音の洪水に包まれる。華やかさの中にも、ほの暗さやスラブ風の野性味を併せ持つ、魔力的な魅力を持つ曲だ。少し前にTVCMに使われたり、フィギュアスケート浅田真央の音楽にも使われた。腕利きのミュージシャンを集めたと思われるRCAのオケ。それをやはりRCAが当時誇ったリヴィング・ステレオの鮮明な録音がとらえている。併録されているカヴァレフスキーの組曲「道化師」も実に鮮烈で、豪華な音楽に仕上がっている。手持ちの10インチ盤LPをかけながら、古いデジカメで録った動画を以前アップしたが、ここにもう一度貼っておこう。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい録音

こんばんは

この録音は、重厚で素晴らしいサウンドで、数多く名盤を残した米RCAの中でも代表的な一枚だと思います。
浅田真央ちゃんが、この曲を使ったときもっともっと騒がれるかと思いましたが、思ったほどではなくチョットガッカリでした。

Re: 素晴らしい録音

メタボパパさん、こんばんは。メタボでは負けない与太です。

コメントありがとうございます。
おしゃるる通り、この録音は極上ですね。「オーディオのクオリティは50年代には完成していた。その後はメディアの変遷こそあれ、本質は特段の進歩はしていない」と、以前NHKの録音技師をしていた方が言ってました。50年代後半の名録音を聴くとそう思います。

ところで、差し支えなければ、メタボパパさんのブログをリンクに加えたいのですが、いかがでしょうか。

No title

こんにちは。
浅田真央選手が使ったのはこの演奏ではないようですが、
このコンドラシンの演奏は良いですねえ。
旅先で寄せ集めのオケを振って、後世に残る録音を残すんですから
コンドラシン、やっぱり大した人です。

LPでもお持ちなんですね。
音、良いんだろうなあ。

Re: No title

木曽のあばら家さん
ご無沙汰です。コメントありがとうございます。
私はこの盤のピエロのジャケットが印象的で手に入れました。手元にあるLPは60年代国内盤の25cm盤です。大阪出張の際に、梅田の中古レコード店で見付けました。ゴージャスな演奏・録音で、ボロデジカメで録った動画の終了部分あたりまで音の洪水状態で、息も付かせずという感じですね。CDでもそん色なくいい音ですよ。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)