ガーシュイン「パリのアメリカ人」


早いもので七月も下旬。昨年とは打って変わって長引く梅雨空。ちょいと一人暑気払いをと思い、思案の末に取り出したのはこの盤だ。


201907_American_in_Paris.jpg


ジョージ・ガーシュイン(1898-1937)作曲の管弦楽曲「パリのアメリカ人」手持のLP盤はワーナー・パイオニア盤のセントルイス交響楽団の芸術というシリーズ物の中の1枚。十数年前にネット経由で激安箱買いした中に入っていたもので、ガーシュインの協奏・管弦楽作品集として3枚が揃っている。1974年録音。

パリ市中を歩く軽快なステップのモチーフ、クラクションの喧騒…音を聴くだけでまだ見ぬ花の都が目に浮かぶ。ブルージーでノスタルジックな中間部を経て、再び華やかな都会の描写が続く。夕べの静けさを感じさせるようなフレーズを交えながら、最後は冒頭のテーマが戻って大団円となる。十数分のコンパクトな曲だが、しばしの暑気払いにはもってこいだ。
セントルイス交響楽団の芸術と銘打っただけのことはあって、演奏・録音とも優秀。指揮者レナード・スラトキン(1944-)はこの録音の数年あとには同団の音楽監督に就き、黄金期を迎えることになる。


デトロイト交響楽団によるライヴ。


ジーン・ケリー主演のミュージカル映画「巴里のアメリカ人」 有名なI got rhythmのひと駒。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)