バッハ ミサ曲ロ短調 R・ヤーコブス指揮ベルリン古楽アカデミー他


さて週末。今週も七転八倒・一喜一憂の一週間。生来、胃腸はもっぱら丈夫な方であったが、少し前から空腹時に軽い胃痛を感じるようになった。もう30年以上も勤め人をやっていて、今更仕事のプレッシャでもあるまいとは思うのだが、心身とも老化、耐久期限切れがせまりつつあるのだろうか。万事に耐性が弱くなっているように感じる。
ふ~っ…とタメ息一つ。今週後半はほとんど音盤を聴くことなく過ぎた。今夜少し音楽を充電しようかと、あてもなく音盤の棚を眺めて取り出したのはこの盤だ。


IMG_0620.jpg  IMG_0616.jpg


クラシックギターを弾いていたことから、バッハの作品には昔から親しんでいたが、その範囲はバッハの作品の中ではごくひと握りに過ぎない器楽曲ばかりだった。教会付の音楽家としてのキャリアがほとんどだったバッハの作品の多くは、声楽を伴う教会音楽だ。10年程前に激安バッハ全集を手に入れて、あらためてバッハ作品における声楽曲の重要さを知った。
さて、ロ短調ミサ。バッハの教会音楽の中でも傑作の誉れ高い大曲だ。クレンペラー&ニューフィルハーモニア管のコンビによる重厚長大型の名盤も手元にあるが、きょう取り出したのは小編成のベルリン古楽アカデミーによる盤。第1曲;キリエから何とも柔らかく優しい響きが広がる。独シャルプラッテン録音の高音質も手伝って、音はよくブレンドされながらも各パートの分離は明確。低音の伸びもよい。大編成の迫力とはまた異なった次元ではあるが、音の充実感は十分だ。
曲の冒頭、およそ20分ほど続くキリエ「主よ憐れみたまえ」を聴くだけでも、ロ短調ミサを聴く価値があるというのが自論だが、久々に聴いて、やはりこのキリエは素晴らしい。キリエの第1曲では各パートが次々と主題を受け渡しながら盛り上がり、そして静まる。時に大胆な転調も加わり、音楽はどんどん深くなる。キリエの続く第2曲、第3曲も、各パートの動きやオーケストラパートの絡みが明確に歌い分け、弾き分けられる。梅雨入りの雨夜のひととき、バッハのポリフォニックな響きの魅力に吸い込まれていく。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

2+3+2=7 ミサ曲ロ短調BWV232

傑作ですよね。キリエに始まり、終曲のドナ・ノービス・パーチェム
「我らに平和を与えたまえ」まで、長丁場ですが、聴きごたえあります。
私はリヒターとかヨッフム盤を聴いていましたが、古楽的演奏も
後になって聴くようになりました。
清楚で明快で伝わりやすい感じがします。大編成の迫力もいいのですが、
なれると古楽的なアプローチもいいですね。私は、終曲を聴きたいがために
それまでの各曲を聴いている様なところがあります(笑)。




Re: 2+3+2=7 ミサ曲ロ短調BWV232

ロ短調ミサとマタイはバッハ作品中でも、バッハの集大成ともいうべき別格の存在だと思います。今月30日にBCJのマタイを聴きにいくつもりだったのですが、野暮用のためNGとなりました。残念!またの機会に。
…2+3+2=7…これはそのうちいただきますね(^^;

初めまして、こんにちは。

自分もロ短調ミサ曲を仰ぎ見る人間です。

バッハのロ短調ミサ曲はマタイ受難曲をも超越する、、あらゆる総ての全音楽作品の最高傑作であると信じて疑っておりません。

僕の最近の愛聴盤はレオンハルト盤やショルティ盤ですが、こちらのヤーコプス盤も本当に素晴らしいと思います。
彼の温厚で柔和な人柄が、良く表出された演奏だと思いました。

これからもお互いに、ロ短調ミサ曲と共に人生を歩んで参りましょう。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Re: 初めまして、こんにちは。

エリア467さん はじめまして。コメントありがとうございます。
古い記事にコメントいただき、ありがとうございます。日付をみたら10年前の記事で、自分でも何を書いていたか忘れていました(^^;
ロ短調は冒頭のフレーズから一気にもっていかれる…そんな感じの曲ですね。
手元にはクレンペラー盤他、いくつかの盤がありますが、以下にブリリアント版バッハ全集中の演奏を記事にしています。
http://guitarandmylife.blog86.fc2.com/blog-entry-2359.html
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)