ベートーヴェン トリプルコンチェルト 新世代 vs 旧世代


五月最後の日のきょう、昼をはさんで野暮用があり、休暇を取った。出かける前に少し時間があったので、少しだけ音楽を聴くことにした。台風一過で天気も回復、窓からはさわやかな風も吹き込んでくる。いつになく軽やかになった気分に合わせて選んだのは、ベートーヴェンの通称トリプルコンチェルト、ピアノ・ヴァイオリン・チェロのための三重協奏曲ハ長調Op.56だ。


DSCF7576.jpg  DSCF7575.jpg


取り出したのは、ジャン・ジャック=カントロフのヴァイオリン、ジャック・ルヴィエのピアノ、そしてチェロを藤原真理が弾いている盤。バックはエマニュエル・クリヴィス指揮のオランダ室内管弦楽団で、1985年の録音だ。藤原真理が1978年のチャイコフスキーコンクール・チェロ部門で第二位になりレコードデヴュー、その後人気が博した頃に企画されたのだろう。
ベートーヴェンのトリプルコンチェルトと言えば、必ず名盤として登場するのは、カラヤン指揮ベルリンフィルのもと、オイストラフ・リヒテル・ロストロポーヴィッチがソロを弾いた盤だ(写真右)。70年代のトップスターがレーベルを超えて集まったこの盤は大変な話題となったものだ。実際、演奏も実にシンフォニックで、巨匠四人による重量級かつ華麗で見事なものだ。それに対して、一世代若いこの日・仏・蘭コンビの演奏はまったく趣が異なる。一言で言えば室内楽的なアンサンブル重視のもので、メンバーの出所を裏付けるような中欧的な明るさと優しさに満ちている。オケが弱く伴奏を付け、独奏楽器群が奏でる部分などは、室内楽のピアノトリオを聴いている気分になる。
70年代巨匠たちの演奏は、とかくベートーヴェンの曲としていささか中身が乏しいといわれがちのこの曲を再評価させるきっかけとなった重量感あふれる素晴らしい演奏だが、この盤も違ったアプローチながら気持ちのいい演奏で、ベートーヴェンのこの曲の違う一面を楽しませてくれる。最終楽章のRond alla Polaccaのポロネーズ風楽章などは実に軽やかで、今の季節、風薫る五月に相応しい。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

この曲は、

ビッグスターの競演に向いているようですが、また親しい音楽仲間が集まって楽しむような、そんな面もあるように思います。カラヤン盤のチラシを写真にしておりました。
http://blog.goo.ne.jp/narkejp/e/b6b542233e08689cd3c3f6cfa54c565d

Re: この曲は、

narkejpさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

このトリプルコンチェルトは、カラヤン・オイストラフ・ロストロ・リヒテルのこの盤で一般愛好家に広く知られるようになりました。高校3年のときだったか、音楽の時間に担当教師が盛んにこの盤をかけていたのを思い出します。まさにビッグネームが四つに組んだ演奏ですね。手持ちのレコードは、セル指揮のブラームス;ドッペルとのカップリングで、今でもいい音で鳴ってくれます。


プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)