ベートーヴェン交響曲第2番ニ長調



いつまで続ける2番シリーズ…。今夜はこの2番。


202001_LVB_Sym_2_Kletzki.jpg


ベートーヴェンの交響曲第2番ニ長調。パウル・クレツキ(1900-1973)指揮チェコフィルハーモニーによる全集中の一枚。手持ちの盤は10年程前に日本コロンビアから出た廉価ボックスセット。録音は1964~68年。68年「プラハの春」の少し前までのチェコフィルは、マタチッチとのブルックナー、アンチェルとの新世界や管弦楽集など、よい録音を残している。クレツキとのベートーヴェンも同時期の録音。

クレツキの解釈は今夜聴いている第2番を含め、他の曲も明快なアーティキュレーション、短めのフレージングをとった現代的なスタイル。チェコの名門レーベル;スプラファンによる録音も、ややオンマイクでオケの音を明瞭にとらえたもので、一聴するともう少し潤いがほしい気もするが、演奏の個性とはよくマッチングしている。

第2番の第1楽章は古典期交響曲の定石通り主和音のトゥッティで始まり、続いて堂々たる序奏が続く。マスの響きよりは各パート個々のフレーズが極めて明瞭に浮かんでくる。この第2交響曲の白眉は第2楽章ラルゲットの変奏曲だ。ベートーヴェンはバリエーションの名手としても知られ、実際九つある交響曲の多くに変奏曲の楽章を持つ。中でもこの第2番の緩徐楽章は第9番の第3楽章と並んで格別に美しい。このクレツキとチェコフィルの演奏で聴いていると、変奏を繰り広げる各パートの演奏ぶり、役割が実によく分かる。


この盤の音源。第2番・第2楽章。


高関健&群馬交響楽団による第2番:第1楽章。 手持ちの盤からアップした。


ティーレマン&VPOによるライヴ@ムジークフェライン



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)