中本マリ アンフォゲッタブル!


週末金曜日。一週間が終了。みなさん、お疲れ様でした。ふ~っ。

実は一昨日から左手首に鈍い痛みが続いている。
水曜日の朝、いつも通りに起きて顔を洗っていたとき、ピクッと痛みが走った。何かの拍子に手先をひねったのだろうか。まあ、大したことはあるまいと放っておいたのだが、三日経ったきょうもわずかながら痛みと違和感が残っている。ギターの練習をし過ぎたとか、無理な左手拡張の曲ばかり弾いていたとか、理由がはっきりしていればいいのだが、それもない。『黄金の左手』故障で我が四十年のギター人生もこれまで…となることはないと思うが、手の故障は経験なく少々心配だ。
さて明日は休み。手首の不調は気がかりだが、ちょっとのんびりしましょうか。…というわけで、ネクタイ、じゃなくてウエストのベルトを緩めてリラックス。ジャズのアルバムを取り出した。ちょっと古い、しかしリアルタイムの記憶がしっかりある70年代の中本マリのアルバムだ。

<TBMレーベルのヴォーカルアルバム>           <中本マリ;アンフォゲッタブル!>
DSCF7639.jpg  DSCF7644.jpg


日本の女性ジャズヴォーカルで、ぼくらの世代で思いつく70年代に活躍したのは、笠井紀美子、伊藤君子そしてこの中本マリあたりだろうか。少し前の世代になるとマーサ三宅(古っ!)。もちろん江利チエミもペギー葉山もジャズシンガーのキャリアはあるし、美空ひばりのジャズスタンダードは中々のものだが、ここでは除外しておく。あるいは80年代前後に元祖ネクタイ族のアイドルとして人気が出た阿川泰子や真利邑ケイ、秋本奈緒美の名前もあがってきそうだが、ぼくの感覚では、作られたアイドルとしては成功したのだろうが、およそジャズを歌える歌手という認識はない。中では、中本マリはオーソドックスなジャズをドライブ感あふれる歌いっぷりで楽しませてくれた。写真の盤は、当時録音の良さでも知られたインディーズレーベル、TBM;スリー・ブラインド・マイスに録音した彼女のデビューアルバムだ。確か社会人になって給料日にはレコード屋へ行くことが楽しみであった頃に買った。

CEC製ベルトドライブプレーヤー;ST-930のスイッチを入れてアイドリング回転させること10分。メカがひと通り温まり、回転も安定したところで、Stanton500の針を静かに下ろす。わずかなサーフィスノイズに導かれ、大沢保朗のピアノが短い導入フレーズをなかで、続いて中本マリのタイム・アフター・タイムが部屋にあふれる。あ〜っ、と思わず声が出るほどいい音だ。久々に針を落としてみて、あらためて鮮度の高い音に驚いた。録音は1973年9月、当時彼女はまだ二十代後半だったはずだが、随分と落ち着いた声と歌いっぷりだ。上州弁ネイティブのぼくには英語の発音はよく分からないが、世評では当時から彼女の発音は折り紙付だった。音程は文句無くいいし、ロングトーンの後半でかかるヴィブラートも彼女の持ち味で、いい感じだ。バックを固めるメンバーも当時の腕利き揃い。ギター;横内章次の名前が懐かしい。しかし、今風のやたらとドライブをかけてノリノリの勢いだけで押してしまう演奏にはなっていないところが70年代的だろうか。あくまでスタンダードをスタンダードの様式で弾き、歌っている。クラシックもジャズも時代の様式感は大切だ。過不足なく安心して聴け、かつインスパイアされる。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)