ハウザー フレット交換



2012年に手に入れてからすでに8年が経つハウザーギター(2006年作♯588)。入手時の状態はほとんど新古品ともいえるもので傷は皆無。ネックや全体の状態もよいものだったが、唯一フレットの一部にわずかながら浮きが見られ気になっていた。どうしようかなあ、音に大きな不具合が出ているわけではないけど、気分下がるなあ…と思案。意を決して少し前にメンテナンスを施すことにした。


202008_Hauser3_refret.jpg


本来、楽器のメンテナンスは購入した店に話をすべきものだが、今回は購入店がアウラということもあって、同店専属とでもいうべき田邊さんに直接お願いすることにした。ひと月ほど前に工房へ持ち込み、フレットと弦高について相談をした上で、思い切って全フレットの交換をすることに決めた。 上の作業途中の写真の通り、フレットを抜いたあと、指板のわずかな凹凸を修正。気になっていた通り、指板の中央部分がわずかに凹んでいたようで、写真のように指板の周辺部が削られる状態だったようだ。あまり削り過ぎると指板が薄くなり、また弦高にも影響が出るなど、他の不具合を誘発しかねない。指板表面の状態を整え、フレットを交換し、サドルをわずかに下げ…その辺りを慎重に作業を進めてくれたようだ。「与太さん、メンテ完了しましたよ」との連絡をいただき、さっそく受け取りに行ってきた。


202008_Hauser3_1.jpg

202008_Hauser3_2.jpg

202008_Hauser3_3.jpg


いつもながら完璧な仕上がり状態。指板やフレットの僅かなウネリは無くなり、サドルの調整で弦高も意図した通りに下がった。調弦をしてひと晩置き、音出し確認。弦高の下げ幅はわずかだったが、手にした印象は思いのほか以前と違っていて、低音・高音ともにテンションが随分と低くなったように感じる。以前はもう少し張り詰めた印象だったが、全体に力が抜け、右手タッチに対して弦が跳ね返してくるような感じがない。あるいは、弦チップを使って、弦とサドルの当たり角をもう少し鋭角にして気分を変えてもいいだろう。 一方、音そのものの印象はあまり変わりはない。相変わらず安心・安定のハウザー。派手さはなく、突出した個性もないが、すべてが好バランスで上質。バロック、古典、ロマン派からスペイン・ラテン物まで、いずれの様式に対しても破綻なく対応可能な感じがする。 今回メンテナンスを施したことで、今後もう手を入れる必要はないだろう。懐深いハウザーギター。これからも座右において楽しんでいこうと思う。


以前の宅録からハウザーを使ったものの再生リスト。カルカッシのエチュード、佐藤弘和氏の小品から。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efPwS5vHIR9mQTcJUt9R_sFt


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

またしても凄い偶然ですね。
実は、私の新しく入手したラミレスも田邊工房に今あったりで。

それにしても、このハウザー3世は材がまたとんでもなく良いですね。
画像からでも良い音してきそうな。

田邊さんにお任せすれば、毎度の事ながら完璧に仕上げてくれるので
本当に感謝しています。
彼は楽器の持つポテンシャルを最大限まで引き出す達人ですね。
彼自身のギターもいずれは入手したいです。
自分の為だけに用意された特別な一本を作ってもらえたら最高なんですが
先立つものがないので、ゆっくりと準備していこうかなと。

Re: No title

ブチャラティさん、こんばんは。
確かに田邊氏にお願いすれば最良の方策でメンテしてくれるので、私の手持ちの楽器もほぼ全部、彼の手が入っています。一方で、新作を手掛ける時間を割いてしまうのも申し訳ないなあと感じていて、何かお願いするときは、納期は不問、ゆっくりやって下さいということでお願いしています。
やっつけ仕事は決してやらない人で、例えば弦高を1㎜下げる場合も、計算から割り出される必要寸法だけサドルを削って、合わせてOKなら完了…という仕事はしませんね。最終の高さだけでなく、弦とサドルの当たり具合、ナット側の状態、裏打ちのリスク等々、多角的に検討して慎重に作業を進めてくれます。一般的な修理費用では本当に申し訳ないなあといつも思います。
私の田邊ロマニの入手当時のアウラでの価格設定は現在の3分の1位でしたね(^^ まだ売り出し中の新人という扱いだったからでしょう。どんな優れた製作家でも最初の値付けは低いものです。そういう新人に目を付けるのも、いいかと思います。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)