メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲ニ短調



今週もせっとと働き、迎えた週末土曜日。午前中は自治会用務少々。午後から所属している隣り町のマンドリン楽団の練習に参加して、陽が傾く時刻に帰還となった。すっかり春の気配濃厚な夜。今夜はこんな盤を取り出した。


202303_Mendelssohn_Trio.jpg


十年程前に入手したポール・トルトゥリエ(1914ー1990)ボックスセット中の1枚。disk#12。収録曲は以下の通り。

1. メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 Op.49
2. シューマン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 Op.63
  アンドレ・プレヴィン(ピアノ)、チョン・キョンファ(ヴァイオリン)
  1978年12月11,12日、ロンドン録音
3 メンデルスゾーン:民謡(編:デ・ハルトマン)
4. ヴェーバー:アダージョとロンド(編:ピアティゴルスキー)
  マリア・ドゥ・ラ・ポウ(ピアノ)
  1975年10月4,5日、ロンドン録音

トルトゥリエに加え、アンドレ・プレヴィンにチョン・キョンファという豪華メンバーよるメンデルスゾーンのトリオを聴いている。ニ短調という調性と第1楽章冒頭のモチーフから悲劇的な曲想を想像するが、そこはメンデルスゾーン。穏やかなロマンティシズムに富む美しい歌にあふれる。第1楽章はagitatoの指定があるが差ほど激さず。第2楽章のtranquilloも品のいい歌心に満ちている。第4楽章は各パートのテクニカルな掛け合いが緊張感を高める。プレヴィンは滅法上手い。チョン・キョンファもこの頃はまさに売り出し中の若手筆頭。年功のトルトゥリエが要か。 シューマンのピアノトリオ、ウェーバーの「アダージョとロンド」もチェロの音色が美しく、またときにテクニカルな佳曲。トルトゥリエの弓さばきが冴える。


中村 紘子・海野義雄・堤剛@2007年。 かつてトリオを組んでいた三人。海野義男氏の例の事件で活動停止後、二十数年ぶりの復活ライヴ。


この盤の音源でメンデルスゾーンの第1楽章



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)