ドヴォルザーク 交響曲第7番ニ短調



当地群馬の温泉郷で行われる「草津国際アカデミー」。43回目を迎える今年のテーマは「ドヴォルザークとブラームス」だそうだ。


202307_Kusatsu.jpg


80年代初頭にこのアカデミーが開催されたとき、群馬の田舎でいつまで続くのかと半信半疑だった。しかし関係者の継続的な努力により、日本国内はもちろん世界的にみても歴史ある夏期アカデミーの一つとなった。地元民が思う以上に、リゾート地としての草津温泉は知名度、バリューそしてこのアカデミーの人気ともに高いのだと、あらためて思う。今年はコロナ対応の変化もあって、かつての賑わいを取り戻しそうだ。オープニングとクロージングには、このアカデミー開設当初から重要な役割を担ってきた群馬交響楽団によりドヴォルザークの交響曲第7番とスターバトマーテルが演奏される。そして約2週間の期間中、室内楽を中心に多くのコンサートも予定されている。コンサート予定のチラシを眺めながら、さてそれではと、きょうはこの盤を取り出した。


202307_AD7_Barbirolli.jpg


ドヴォルザークの交響曲第7番ニ短調作品70。ジョン・バルビローリ(1899-1970)と手兵ハレ管弦楽団との一連のステレオ録音中の一つ。1957年録音。手持ちの盤は70年代後半にテイチクから廉価盤で出たときのもので、ジャケット裏に記した日付をみると、大学卒業を間近に控えた1978年1月に買い求めている。収録曲は同曲の他に管楽セレナーデニ短調、伝説曲第4番と第7番。いかにもこの当時の廉価盤らしく(特にこのシリーズの…)LP盤としてはかなりの詰め込み編集だ。

ドヴォルザークの交響曲としては第9番「新世界から」、第8番の演奏機会が多いが、第7番や第6番なども劣らず素晴らしい曲だ。特に7番はドヴォルザークが敬愛したやまなかったブラームスの第3交響曲の影響が色濃く出ている。各所に現れるスラブ風のモチーフの扱いも渋く重厚で、表層的な民族的ロマンティシズムに留まっていない。この盤を手に入れた二十代前半、すでに9番も8番も少々食傷気味で、この7番の渋い響きにひかれていた記憶がある。

ドヴォルザークはイギリスで人気を得た。そのイギリスの20世紀を代表するコンビであるサー・ジョン・バルビローリ(父イタリア人・母フランス人で英国の血はゼロだが…)とハレ管弦楽団。チェリスト出身のバルビローリの少々粘着質な性格と解釈が奏功し、音の一つに一つにずっしりとした重みがのっている。テンポが遅めになった後年の演奏とは異なり、総じてきびきびとした運びで曲の高揚に応じて熱気がみなぎり、一気に聴き入ってしまう。ハレ管弦楽団は少々荒削りなところがあり、また英国のマイナーレーベルPYEのステレオ初期録音ということあって、洗練された流麗な響きには程遠い録音だが、かえってそれが曲想に合っていて、中々に味わい深い。

この盤の音源。全4楽章


立教大学のオケによる第3楽章スケルツォ。地元池袋の東京芸術劇場にて。




■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)