荒井由実「14番目の月」



周回遅れも甚だしい、今更聴くか?荒井由実…。先日の記事で取り上げた初期2作の続きで、きょうはこの盤を取り出した。


202311_Yumin_4.jpg


荒井由実4作目のアルバム「14番目の月」(アルファレーベル盤)。1976年録音・リリース。例によって20年近く前、リサイクルショップのジャンク箱で捕獲した帯付き・ミントコンディション。収録曲は以下の通り。

side1
さざ波/14番目の月/さみしさのゆくえ/
朝陽の中で微笑んで/中央フリーウェイ
side2
何もなかったように/天気雨/避暑地の出来事/
グッド・ラック・アンド・グッドバイ/晩夏(ひとりの季節)

先日の記事に書いた「ひこうき雲」1973年、「MISSLIM」1974年に続き、1975年の「COBALT HOUR」と続いた荒井由実のアルバムリリース。この頃までにシンガーソングライターとしての地位を確立。レコードのセールスも順調に伸びて荒井由実ブーム(第1次)ともいえる状況となっていた。 1976年にリリースされた本作「14番目の月」はそれに続く4作目のオリジナルアルバム。同年、松任谷正隆と結婚したこともあって、荒井由実名としては最後のアルバムとなった。

初期二つのアルバム「ひこうき雲」と「MISSLIM」がモノトーンあるいはそれに近いジャケットデザインであったのに比べ、4作目のこの「14番目の月」はどこから見ても目を引くピンク。リボンをあしらったデザインもあって、結婚する彼女の心の内を見るかのようだ。タイトルチューンの「14番目の月」では…つぎの夜から欠ける満月より14番目の月がいちばん好き…と歌い、当時22歳の彼女自身を映している。 そしてこのアルバム中のもっともポピュラーな「中央フリーウェイ」。秀逸なコードワーク、ギターの軽快なカッティング…当時、松任谷正隆が仕事の帰り、ユーミンを八王子の自宅まで送っていた頃の思い出を曲にしたという逸話がある。なるほどそんな光景がリアルに目に浮かぶようだ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



アルバム「14番目の月」から25年後の2001年にLAで録られたのプライベート・ライヴ。同アルバムから数曲が演奏されている。
「さざ波」 


同 「中央フリーウェイ」


同 「晩夏」


「中央フリーウェイ」のアナリシス



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)