J.ヨアヒム ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品11



きょうで11月も終わり。ひと月後には大晦日そして正月。それにしても加齢ゆえの恐ろしき時間感覚…なんて早いのだ。さて、残された健康寿命を全うすべく、だらだらと音盤道楽。きょうはこの盤を取り出した。


202311_Joachim_VC.jpg


ヨーゼフ・ヨアヒム(1831-1907)作曲のヴァイオリン協奏曲ニ短調作品11。アーロン・ロサンドがソロをとり、ジークフリート・ケーラー指揮ルクセンブルク放送管弦楽団がバックを付けている。1971年12月録音。手持ちの盤は1972年にワーナーパイオニアから出たVOXレーベルの盤。20年程前にネットで箱外したLPの中に入っていた一枚。そういえば、最近話題のヴァイオリニストHIMARI(吉村妃鞠)の母親吉田恭子がこの盤でソロを弾いているアーロン・ロザンドの愛弟子だったと、何かで読んだ。

ヨアヒムはあらためて説明するまでもなく、ブラームスをはじめいくつかのヴァイオリン協奏曲の初演者として、また多くのヴァイオリン協奏曲の献呈を受けたり、カデンツァを書いた演奏家としてつとに有名だ。19世紀のど真ん中を数十年間に渡って君臨した偉大な音楽家といってよい。作曲家としては三つのヴァイオリン協奏曲他を残したが、いずれも今日演奏されることは稀だ。この盤の二短調の協奏曲(第2番と称される)はそんな作曲家としてのヨアヒムの作品の中では比較的メジャーな位置にあるようだ。

<ハンガリー風>という副題が付いていて、全編ハンガリー民謡、あるいはハンガリーのジプシー風のフレーズが使われている。第1楽章は曲の過半を占める大きな楽章で、ここではジプシー風フレーズと同時に19世紀後半のロマンティシズムに満ちた、ときにブラームス風の響きも聴かせる作風を示す。ヴァイオリンの技巧的な音形が続くのはもちろんだ。第2楽章は切々たるロマンツァ。第3楽章はアラ・ツィンガラ=ジプシー風と記されたアレグロで、耳馴染みのいいラプソディックなフレーズが続く。ダブルストップを駆使したヴァイオリンパートは門外漢が聴いても、その技巧的な難しさが想像できる。
今日ほとんど演奏されることがないということかも分かる通り、曲も構成、モチーフの展開、多彩な和声感といった面ではイマイチの感が否めないが、19世紀当時に一世を風びしたヴィルティオーゾの世界を垣間見るものとして聴いてみる価値があるだろう。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。全3楽章


尾池亜美(Vn)&荻窪祝祭管弦楽団 2023年4月。 実演で聴けるのは珍しのではないだろうか。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)