ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン


不覚にも風邪をひき、この一週間を棒に振ってしまった。火曜の朝からのどが痛み始め、水曜には咳が出始め、木曜には鼻水と発熱も加わって咽頭炎オールスターズが出揃った。平熱が低いせいか発熱には滅法弱く、37℃になるともういけない。きのうは仕事を早く切り上げて、かかりつけの内科で薬を処方してもらった。切れ味鋭いセフェム系抗生剤;メイアクト、消炎剤トラネキサム酸;トランサミン、咳止め;メジコン、いつもの三点セットのおかげで今朝からだいぶ楽になった。
そんなわけで今週はほとんど音楽を聴いていないし、楽器も取り出さずに終わった。体調未だ優れずではあるが、週末金曜日でもあることだし、気を取り直して何か聴くことにしようか。


R0010787 (640x480)  R0010792 (640x480)


今夜はちょっと久しぶりにジャズを。1年近く前に記事にしたジョン・コルトレーンの名作「バラード」と前後して録音された続編ともいうべき有名な盤だ。当時の人気歌手ジョニー・ハートマンを迎えた「ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン」というタイトルそのもののアルバムだ(こちらで試聴も)。
ハートマンの声域はバリトンということだが、声質としてはバスかばバスバリトンかと感じられるほど太く、そして甘い。ともかくゆったりと男性ボーカルを楽しみたければ、この盤をチョイスして間違いはない。とかくビジュアルに惹かれて女性ボーカルをジャケ買いをしてしまいがちだが、ときには甘くもあり渋くもありの男性ボーカルもいいものだ。どの曲も静かで穏やかなバラードで、ハートマンがワンコーラス歌うと、コルトレーンがアドリブをワンコーラス吹く、次のワンコーラスをハートマンが歌うと、そのあとにはマッコイ・ターナーのピアノが静かにソロを取る。そんな風にして、珠玉のバラードプレイが6曲続く。

もうこの歳になっては妄想するしかない話だが…
例えば意中の女と食事をし、気のきいたバーのカウンターに並んで座り、あまり語るでもなく濃い目のスコッチを何杯か飲み、そのあと自分の部屋に誘って飲みなおそうかと、そんなシチュエーションがあれば、迷うとなくこの盤をセットしたい。6曲のバラードが続く時間はちょうど30分。さてその30分間にくだんの女をどう口説こうか…。風邪っぴきの冴えない晩に、そんなことを考えながら聴くのもまた一興と思うが、さてどうだろう。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ハートマン&コルトレーン

2018 年1月に伊豆下田市白浜にある「ラルゴ」というサウンドスペースに行ってきました。定年退職後に自分の楽しみのために建てたリスニングルームを一般に開放している感じなので、飲み物500円しかありませんが、そこにある音源は聴き放題。大型の真空管アンプ(型番失念)スピーカーシステムは、JBLパラゴンとエレクトロヴォイスのパトリシアン800が鎮座していました。
大きい真空管アンプで駆動されていましたが、何のストレスもなく、大型システムから音楽が流れ、箪笥の様な大型スピーカーはずいぶん久しぶりに見ました。

そこで、このコルトレーン&ハートマンが鳴っていたわけですが、ハートマンのビロードののどが、もう3倍くらいビロード感がありコルトレーンのサックスもなめらかで、インパルスのピアノの録り方ってこんなんかなという感じのマッコイ・タイナーピアノもつるつるでした。
ストレスなく音楽してました。世の中にはこんなシステムで鳴らしている人もいるのだとある意味驚きました。
ハートマンのビロード感を聴いたら、シナトラをここで聴きたくなりましたが、時間がありませんでした。
日本の歌手で、フランク永井さん以降というと・・・。個人的には寡聞ながら見当たりません。80年代以降、若者の音楽のキーは上がる一方だし。
フランクさんは声の倍音もたぶんに出てた方なので、その分気持ちよく聞けたかなとも思います。もうあのような方は出てこないかもしれませんね。
ちなみに三倍ビロードのハートマンの歌声は聴いてて耳ダンボになりましたから、女性がこの声で口説かれたら・・・。

Re: ハートマン&コルトレーン

大型システムがゆったり鳴る様は、システムの新旧問わず説得力があると思います。以前WEの、それこそトーキー時代の大型スピーカを聴く機会がありましたが、圧倒的に存在感のある音で、まさに鳥肌が立ちました。そういう音を聴くと、ハイレゾもマルチチャンネルも、そんなの関係ねえ~と感じてしまいます。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)