アバド&CSO マーラー交響曲第5番嬰ハ短調



クラウディオ・アバドが亡くなってからすでに十年になる。2014年の1月20日過ぎ、ネットニュースで訃報に接した。享年80歳。アバドも80歳にもなっていたのか…そのとき、まずそう思った。


202402_Abbado_GM5.jpg


ぼくが音楽をせっせと聴きだした70年代中盤には、次世代を担う若き旗手だった。そんなイメージからぼくの中でのいつまでも「若手」だった。 カラヤン亡きあとのベルリンフィルのシェフをなり、近代化と国際化を推し進めたアバドだが、同時にベルリンフィルを軽量化しただの、譜読みが浅いだのと指摘する声も絶えなかったと記憶している。ぼく自身彼の熱心なファンではなかったのだが、手持ちのいくつかの盤に聴く彼のしなやかで明快な音楽作りがピタリとくるものもあって、特にメンデルスゾーンやマーラーには愛着を持っていた。

今夜はそんな10年前のことも思いつつ、シカゴ響とのマーラー第5交響曲を聴くことにした。アバドにとっては最初のマーラー5番。1980年録音。手持ちの盤はカートンボックス入りの独グラモフォン輸入盤。確かお茶の水界隈の中古レコード店で買い求めたはずだ。1,450円のプライスタグがまだ付いていた。ハンナ・シュヴァルツが歌う「リュッケルトの詩による5つの歌曲」がカップリングされている。結果論として振り返ってみると、アバドはやはり80年代前後までのロンドン響やシカゴ響との時代がベストではなかったかと感じる。このシカゴとの演奏も颯爽としていて、かつ力ずくにならずにシカゴ響のパワーをうまく制御してしなやかな歌を引き出しているように思う。そして注意深く聴くと各声部がよく分離してクリアに聴こえてくる。シカゴ響の特性もあるだろうが70年代までの独グラモフォンの音響バランスとは明らかに違う。例のアダージェット楽章も、明るくクリアで清々としていて、これはこれでいいマーラーだなあと思うのだ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。第1楽章


同 第4楽章アダージェット


2004年、ルツェルン祝祭管弦楽団との第5番全楽章。晩年はこのルツェルンのオケを指揮し、ベルリンフィル時代には見られなかった活き活きとした演奏を残した。ルツェルン祝祭管弦楽団は欧州選抜とでもいうべき混成オケ。ナターリヤ・グートマン(Vc)、ザビーネ・マイヤー(CL)、アルブレヒト・マイヤー(Ob)ら豪華メンバー。客席にはポリーニ(0分45秒)他VIPの顔がみえる。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)