バッハ フルート作品集



ここ数年に比べて寒い日多かった今年の三月。きのう午後からようやく暖気流入。桜もこれからボチボチだ。野暮用一つ二つ。続いて道楽部屋の片付け。BGMにしたのはこの盤。


202403_Bach_Flute.jpg


ブリリアント版バッハ全集ボックスのフルート作品集。ステファン・プレストン(1945-)のトラベルソとトレヴァー・ピノック(1946-)のチェンバロ。伴奏部が通奏低音による曲ではジョルディ・サヴァールのガンバが加わる。1975年録音。以下のバッハのフルート作品8曲がCD2枚に収録されている。

 フルートとチェンバロのためのソナタ BWV1030-1032
 フルートと通奏低音のためのソナタ BWV1033-1035
 2本のフルートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ BWV1039
 無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013

曲のタイトルでも分かる通り、BWV1030~1032の3曲はチェンバロパートが記譜されたもので、BWV1033~1035は通奏低音で記譜され、実際はそのリアライゼーションによって演奏される(この盤ではチェンバロとガンバ)。バッハのフルート作品の中ではBWV1030ロ短調のソナタがもっともよく知られ、また傑作でもあるが、今夜はBWV1034ホ短調のトラックを選んだ。

 第1楽章 アダージョ・ノン・タント
 第2楽章 アレグロ
 第3楽章 アンダンテ
 第4楽章 アレグロ

セオリー通り、ゆっくり、はやい、ゆっくり、はやいの4楽章構成。トラヴェルソの演奏ということもあって(加えて通奏低音がチェロではなく、ガンバということもあって)、冒頭のアダージョから落ち着いた渋めの響き。第2楽章のアレグロになって、トラヴェルソの技巧的なフレーズやそれに絡む通奏低音も闊達に響き、ようやく音楽は活気付く。第3楽章は温かみのある穏やかな旋律が長調と短調と行き来する。終楽章は再びソロの技巧の見せ所。ガンバによる通奏低音も負けずに活躍し、バッハらしい精緻なポリフォニックな響きが続く。

モダンフルートによる演奏ならずっと明るく華やかな響きになるところだが、やはりトラヴェルソの響きはぐっと渋く、趣き深い。ピッチや、音域の高い方低い方のコントロールは中々大変そうというのが聴いていても分かる。しかし柔らかいアタックと独特の音色は現代にはない響きで魅力的だ。1975年の録音ながらアナログ最盛期らしく美しい音で録られていて、廉価盤ボックスセットというエクスキューズは不要のよい演奏だ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




この盤の音源。BWV1034(前半二つの楽章)。 音量レベルが少々低い(原盤も同様)。


BWV1034。ギター伴奏による演奏。


ホ長調のソナタBWV1035。ギター伴奏による演奏。ギターは名手ジョン・フィーリー


アナ・ヴィドヴィッチが弾くBWV1013:アルマンド



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)