アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ「A Night in Tunisia」



一日曇天のはっきりしない空模様。所在なく一日終える。さて、今夜はジャズだ。音盤棚を見渡し、この盤を取り出した。


202404_Art_Blakey.jpg


アート・ブレイキー(ds)とリー・モーガン(tp)、 ウェイン・ショーター(ts) 、ボビー・ティモンズ(p) 、ジミー・メリット(b)からなるザ・ジャズ・メッセンジャーズによる1960年のセッション録音「A Night in Tunisia」。手持ちの盤は20年程前にブルーノートの名盤がミドルプライスでまとめてリリースされた際に手に入れたもの。収録曲は以下の通り。

1. チュニジアの夜
2. シンシアリー・ダイアナ
3. ソー・タイアード
4. ヤマ
5. 小僧のワルツ

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズといえば、日本においてもっとも知名度と人気のあるジャズグループの一つだ。アート・ブレイキー(1919-1990)は日本人を妻としていた時期もあり、1961年の初来日以来、度々日本での公演を重ねた。ぼくも高校生だった頃、テレビの深夜番組に登場してドラムを叩いていたアート・ブレイキーの姿が記憶にある。

アルバムタイトル曲の「チュニジアの夜」はアート・ブレイキーの看板「サンダー・ボルト」と称するドラミングで始まる。激しい「雷鳴」がいつまで続くのかと思っていると、ボビー・ティモンズのピアノ導入句が繰り出され、リー・モーガン、 ウェイン・ショーターがテーマを吹く。そしてテーマが終わってソロ回しになってからも熱量衰えず、ウェイン・ショーターが奔放なフレーズを淀みなく繰り出し、圧倒される。曲の後半ではジミー・メリットのベースソロのあと再びアート・ブレイキーのドラムソロが炸裂。さらにリー・モーガンとウェイン・ショーターによる無伴奏のソロ(カデンツァ)が続いて曲を閉じる。ここまで一気呵成、息をもつかせぬ勢い。聴き終えたあと思わず溜息をついてしまった。

2曲目のウェイン・ショーター作曲「シンシアリー・ダイアナ」でも各メンバーのテクニックとインスピレーションが光る。ウェイン・ショーターが吹くモード風フレーズに、こちら側の脳内はいつものジャズとは違う場所が刺激され、なんとも言えない高揚感に心躍る。 「ヤマ(山)」と「小僧のワルツ」は共に日本贔屓だったリー・モーガンの作。「山」を模した幻想的雰囲気と、「小僧」が軽快なステップを踏むような曲想が、達者なメンバーのアンサンブルによって盛り上がる。

このアルバムは「モーニン-Moanin'」と並ぶアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの代表作。ジャズファンならずとも必聴の一枚だ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源「シンシアリー・ダイアナ」


同 「小僧のワルツ」


同 タイトルチューン「チュニジアの夜」



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)