19世紀のギター伴奏歌曲


きょうも一日降ったりやんだりの不安定な天気だった。金曜の深夜から、いまは日付変って土曜日。連休も終盤。相変わらずダラダラと過ごしている。前の記事でソルの二重奏を聴いた流れで、音盤棚を見回し、少し珍しい盤を取り出した。ジュリアーニやソルといったギター曲で有名な19世紀の作曲家の手になる歌曲を収めたアルバムだ。2005年頃仕事で何度か欧州へ行った際に滞在先のミラノで買い求めた。(国内でも流通しているようだが、手持ちのこの盤は現在入手難。代わって米国版のこちらが手に入る)。


R0012067 (480x480)   R0012069 (480x480)


ソプラノのマルタ・アルマヤノが歌い、ホセ・ミゲル・モレノが19世紀ギター(仏プチジャン他)で伴奏を付けている。
収録曲は以下の通り。

<ヴィンセント・マルティン・ソレール>
1. La semplice, for voice & guitar
2. La Volubile, for voice & guitar
3. La Costanza, for voice & guitar
4. La Mercede, for voice & guitar
<フェルディナンド・カルリ>~ギターソロ
5. Andante affetuoso, for guitar, Op. 320
<マウロ・ジュリアーニ>
6. Ariettas (6), for voice & guitar (or piano), Op. 95: Le dimore amor non ama
7. Ariettas (6), for voice & guitar (or piano), Op. 95: Quando sara quel d
8. Ariettas (6), for voice & guitar (or piano), Op. 95: Ad altro laccio
9. Sonatina for guitar in D major, Op. 71/3: Andantino sostenuto ~ギターソロ
10. Confuso, smarrito (from 'Cavatinas (6)'), for soprano & guitar
11. Cavatina 'Amor, perch m'accendi', for soprano & guitar
<フェルナンド・ソル>
12. Cavatina 'Di tanti palpiti', for voice & guitar (or piano)
13. Etude for guitar in E major ('Mouvement de priere religieuse'), Op. 31/23 ~ギターソロ
14. Lagrime mie d'affanno
15. Perduta l'anima
16. Povero cor t'inganni
17. Io Metitor!
18. Nel cor pi 1 non mi sento
<ヨハン・カスパール・メルツ>~ギターソロ
19. Lied ohne Worte (Song Without Words), for guitar (from Bardenkl nge), Op. 13/2
<フェルナンド・ソル>
20. Si dices que mis ojos (If you say that my eyes), seguidilla for voice & guitar
21. Muchacha y la verguenza (My girl, where's your modesty?), seguidilla for voice & guitar
22. Mis descuidados ojos (My careless eyes), seguidilla for voice & guitar
23. Seguidillas del Requiem Eternam, seguidilla for voice & guitar
24. Las mujeres y cuerdas (Women and guitar strings), seguidilla for voice & guitar


こうしてジュリアーニやソルの歌曲を聴いてみると、やはり完全に19世紀古典派の味わいであることにあらためて気付く。作曲家としての彼らは当然ながら職業作曲家としてギター以外の楽曲も作った。ギター弾きはともすればギター音楽だけに興味が偏りがちだが、ギター音楽もクラシックの潮流の一つであることを認識して、広く古典音楽に親しむことがギター音楽をより深く楽しむことにつながる。機会があれば、こうした曲の歌伴もやってみたい。どなたか歌ってもらえませんかね…


フェルナンド・ソルのギター伴奏歌曲。”Las mujeres y cuerdas"、"Mis descuidados ojos".の2曲。



こちらはジュリアーニ。達者な歌いっぷりと弾きっぷり。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ソルの…

ソルのイギリスでの職業は
ピアノ教師、声楽教師、ギター教師でした

モンセラートの聖楽隊で鍛えられましたからネ

カルリ、ディアベッリ、レゴンディ等もギター伴奏の歌曲を書いています
ジェファリのシャントレルの曲集が便利です!

Re: ソルの…

Mazaさん、こんばんは。
当時の(今もかな)欧州における聖歌隊の役割はとても大きかったそうですね。音楽についての伝統的な素養が叩き込まれたとか。
歌曲の歌伴は独奏旋律楽器の伴奏より面白そう!

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)