ジュリアーニ フルートとギターのための大ソナタ 作品85


季節が春から夏に変わるこの時期は、太平洋側からの暖かい空気と日本海側からの冷たい空気がちょうど関東周辺でぶつかり、雷雨や竜巻が発生する。今年は特に当たり年なのか、先週に続いてきのうきょうと関東のあちこちで昼過ぎから激しい雷雨があった。幸い当地群馬県南部はさほどの荒れ模様にはならずに終わり、今は静かな夜をむかえている。
今週は週明けから頭痛に見舞われ、その後もすっきりせず、すでに木曜日。毎度毎度ウダウダ言って恐縮だが、相変わらず積極的に音楽を気分になれない。しかしエアコンの送風音がなく部屋が静かになって音楽を聴くには最適のこの時期、何も音を出さずに一日を終えるのももったいない。気を取り直して少しだけ聴くとしようか


R0012086 (480x480)   R0012092 (480x480)


…ということで、このところ続けて聴いているギターの合せ物を。今夜はマウロ・ジュリアーニのフルート(またはヴァイオリン)とギターの二重奏作品85の盤を取り出した。CDによる最近の演奏もあるが、今夜は懐かしいランパル盤を聴く。ギターを受け持っているのは同じフランス出身のルネ・バルトリ。ジャン・バティスト・ルイエのイ短調のソナタ作品1の1(ここにフルート2本用とギターソロ用の楽譜がある)とロベルト・ドゥ・ヴィゼーの組曲ニ短調(ギターソロ)がカップリングされている。ジュリアーニはフルートとギターのための曲を何曲も残しているが、中ではこの作品85イ長調の大ソナタがもっともポピュラーだ。この手の曲は演奏の巧拙を云々するほどのこともないだろうし、もちろん名手ランパルだ、文句などあるはずもない。

実はこの曲には少々思い出がある。この曲を知ったのはクラシックギターを始めて間もない高校2年の頃だった。最初はFMで聴いたのだろう。その後地元本屋の楽器売り場にあった緑色の表紙が印象的なフルートクラブ版の楽譜を買い求め、フルート吹きの同級生S君と二重奏を試みた。S君は大そうな名手で芸大に進もうかとも迷っていたようだが、学業も優秀で結局現役で京大文学部に進んだ。下手なギターを弾きながら浪人までしたぼくとは次元が違う。彼とは文化祭のときにステージを設けてこの曲の第3楽章と第4楽章を演奏した。芸大に進もうかという彼だったから、最初の練習のときから見事な初見演奏で、伴奏のこちらが彼に引っ張られる状態だった。彼はギターの楽譜でも何でも手渡すと、フレージング、ディナーミクからアゴーギクのコントロールまで初見で実に見事に演奏した。ギターの楽譜なので当然和音も書かれているのだが、単旋律のフルートでそれらを音楽的にまったく違和感なく吹く様は当時のぼくには驚きだった。大学時代にはギターパートをカセットに録音し、それを聴きながらフルートパートをギターで弾いて一人二重奏を楽しんだものだ。薄暗い四畳半の下宿で…。その後この曲を演奏する機会を得ていない。フルートかヴァイオリンを相手にいつかまた演奏してみたい。

この曲も含め、この当時のアンサンブル曲、しかもギターとフルートといった家庭楽器向けの曲は、仲間内でときに楽しむ要素も強かったろう。それでもしっかりとした多楽章構成、第1楽章は定石通りのソナタ形式といった古典的様式感を持ち、よい教材でもあったろうし、突然集まってアンサンブルする際の約束事も共通認識が出来ていただろう。先日のグラニアーニの三重奏でも感じたが、やはりこの時代、ウィーン古典派系譜の曲はどれも聴いても弾いても楽しい。ギター2本と旋律系の楽器(フルート、ヴァイオリン、マンドリン等)2本で、そこそこ初見のきくメンバーが集まり、ハイドンのトリオやカルテットなどを元譜のまま弾ければ、最高に楽しいひとときだろう。


YouTubeにはたくさんの演奏があるが、全4楽章を続けて聴けるこちらを貼っておこう。



ヴァイオリンでの演奏も貼っておく。第1楽章のみ。よりクラシカルな雰囲気になる。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしい話題も・・・

私はグラニアーニのソナタやレニアーニの協奏的二重奏を
今は亡きフルートにFさんと合わせました!

ジュリアーニでは情熱的な作品25がいいですネ!

ジュリアーニのアンサンブル曲のレベルの高さには
ウィーンでの仲間の協力が大きかったのですネ

マイセダー、モシュレス、フンメル
そして、ディアベッリ・・・

Re: 懐かしい話題も・・・

> 私はグラニアーニのソナタやレニアーニの協奏的二重奏を
> 今は亡きフルートにFさんと合わせました!

ああ、そうですね。Fさんはフルート吹きでしたね。
ストコフスキー編のシャコンヌをマンドリン合奏用にアレンジしていただいた際、その几帳面で素晴らしくきれいなスコアに感動したものです。

> ジュリアーニでは情熱的な作品25がいいですネ!
> ジュリアーニのアンサンブル曲のレベルの高さには
> ウィーンでの仲間の協力が大きかったのですネ

室内楽作品の大半はウィーン時代ですかね。ベートーヴェンも一目おいたほどですから、いいセンスだったのでしょう。作品25も別の盤でさきほど聴いていました。

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)