カラヤン&ベルリンフィル EMI盤ハイドン交響曲集


薫風を感じる余裕もないまま、きょうで五月も終わり。六月は梅雨入りの季節だが、それ以外にこれといって世間を騒がす雑事もない。余計なことは考えずに勉学や仕事に精出す月、まあそんな感じかな。

ところできょう5月31日は、かのハイドン(1732~1809)の命日だそうだ。そういえば亡くなった吉田秀和氏のFM番組でもハイドンは長きに亘って取り上げられた作曲家の一人だった。昔はハイドンを熱心に聴こうと思ったことがなく、手持ちの音盤もごく僅かしかなった。今となっては、まったく恥じ入るばかりだが、若い頃はハイドンの作品を予定調和的な古典派楽曲くらいにしか感じていなかったのかもしれない。十年ほど前に廉価で発売された例のアダム・フィッシャー指揮の交響曲全集を手に入れたのがきっかけで、あらためてハイドンを聴くようになった。あらためて聴いてみると、これが実に素晴らしい。いまハイドンとモーツァルトの音盤、どちらか一方を残して他方は捨てろを迫られたら、多分ハイドンを残すだろう。手元には膨大なハイドン作品のごくわずかがあるだけだが、最近音盤購入意欲がすっかり減退してきた中、ハイドンのカルテット、ピアノソナタ、バリトントリオ等はぜひ全曲を手元においてゆっくり聴きたいと思っている。


R0012214 (480x480)   R0012216 (480x480)


手持ちの数少ないハイドンの音盤から今夜は、カラヤン&ベルリンフィルによるEMI盤の交響曲を聴くことにした。収録曲はザロモンセットから101番「時計」・104番「ロンドン」の2曲。1971年、ベルリンフィルハーモニーホールでの録音。モーツァルト、チャイコフスキー、R・シュトラウス等、70年代初頭に行なわれた一連のEMI録音の中の一つだ。
久々に針を下ろしたのだが、実に颯爽としていながら、かつゴージャスな演奏だ。ピリオドスタイルどこ吹く風といわんばかりに、大編成のベルリンフィルをドライブしてスケールの大きな演奏を展開している。「時計」の第一楽章、意味深長なニ短調の序奏のあと主部に入ると一気呵成に音楽が進む。速めのテンポ、よく練られたアンサンブル。独グラモフォンでの録音と比べ、特に弦楽群の音色が明るめで残響もたっぷりとしている。カラヤンサーカスと異名をとったフィルハーモニーホールでのライヴを聴いている感がある。一方で「時計」の標題のもとになった第二楽章や第三楽章のメヌエットなどは、もう少し軽みのある表現でもいいのではないとかと感じる。カラヤンはまったく手綱を緩めずにシンフォニックにこの楽章を「立派」に組み立てている。
「ロンドン」はこの種のスタイルの演奏としては極めつけの一つといっていいかもしれない。以前の記事に書いたDECCA盤のウィーンフィルとの演奏と比べると一層緻密で細部までコントロールされているように感じる。この時期のカラヤンの特徴で、フレーズは音価いっぱいに引き延ばされて、レガート感が強調されている。マスとしての音の集合、響きの交わりを楽しめるという意味では<交響=Sym+Phony>の概念にかなった演奏だ。反面、ウィーン風でやや古風な味わいを期待する向きにはお薦めできない。

以前聴いたサヴァリッシュ&ウィーン響のややローカルな匂いを残す手作り感覚の演奏堂々としていて、かつ歌にあふれたワルター、そしてカラヤンの流麗なハイドン。いずれも今日流の新しい演奏スタイルとは違う土俵だが、それぞれに味わい深い。なおハイドンの交響曲については、このブログにも度々コメント寄せてくれるリュート弾きのmichaelさんのブログに詳しい。ぜひアクセスのほどを。


ロンドン交響曲の音源動画を二つ。
まずザルツブルクのモーツァルテウム管弦楽団の演奏。指揮は日本のオケにも度々客演し、今は東京交響楽団・音楽監督のユベール・スダーン。スダーンは1994年から2004年までのモーツァルテウム管弦楽団のシェフを務めた。現代のスタンダードな解釈はこの辺りだろうか。



以前、旧友Y氏から教えられて知ったカルリ編曲のギター二重奏版。いつか演奏トライしてみよう。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
私はカラヤンのVPO盤は過去に持っていてお気に入りでした。70年代EMI盤はFMで聴いただけです。今はBPO、80年代D.G盤で聴いています。古楽オケ、ピリオド演奏をいっぱい聴いた後、カラヤンを聴くと、押しも押されもせぬ、BPOのサウンドで立派なクラシックの世界に戻ってきたと感じるのも正直なところです^^「時計」の第二楽章やメヌエット楽章はも少し軽やかさがほしいのは同感です。「驚愕」の第一楽章主部も他に例がないほど?ゆっくりです。
カルリの編曲譜は昔取り寄せましたが、まともに取り組まずじまいでした;19cギターでもいちど聴いてみたいですね。

Re: No title

michaelさん、こんいちは。

私の手元のハイドンは、今の基準ではオールドファッションのものばかりです。ピリオドスタイルも聴いてみたいとは思っています。michaelさんもご指摘の通り、フィッシャー盤は録音不良が散見されますね。位相が反転していたり、左右逆もあったかな。演奏の基本はニュートラルでいいのに残念です。

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)