オスカー・ピーターソン・トリオ We Get Requests


きょうは一日変りやすい天気。夏の陽射しが照りつけたかと思うと一転黒い雲が出てきてにわか雨が降ってきたりと、目まぐるしく変る空模様。夏の高気圧が少々衰退してきているのだろう。このまま秋というわけにはいかないだろうが、あと少しの辛抱か。


R0012579 (480x480)   R0012582 (480x480)


さて夜半の音盤タイムは久々にジャズの盤を取り出した。オスカー・ピーターソントリオの有名なアルバム。1964年秋にニューヨークでの録音。『演奏・録音ともに最高の質を誇るオスカー・ピーターソン永遠のベストセラー』とアルバムの帯に書かれている。実際、ジャズ名曲案内的な本や記事には、ピアノトリオの定番として必ずといってよいほど登場するし、オーディオチェックの記事ではこの盤の<You look good to me>冒頭、レイ・ブラウンの弓弾きのベースがしっかり出るかどうかが議論になる。
まあ、そういうことは横においたとしても、この盤は中々ご機嫌だ。軽いアップテンポあり、バラードあり、しかも60年代も半ばの録音で、取り上げられている曲も古くからのスタンダードに加えて、<ピープル><イパネマの娘>といった比較的新しい曲も入っていて、演奏も全体に軽めのタッチ。ガチガチのジャズファンならずとも十分楽しめる内容に仕上がっている。<酒のバラの日々>はオスカーのピアノもちろんだが、レイ・ブラウンのベースがピアノのリズムの絡むようにいい感じのフレーズを繰り出す。<My one and only love>でのバラードプレイも最高だ。ピアノがバース風のパッセージを奏でたあと、エド・シグペンが刻む軽いリズムにのって美しいメロディーを歌う。ここでもレイ・ブラウンのベースが終始雄弁だ。そういえばこの曲、ジョン・コルトレーンとジョニー・ハートマンの名盤を思い出す。曲の終わりには、バッハの有名なコラールの一節を折り込んでセンスによいところもみせてくれる。

暑さも少々いえ、いけるクチならスパークリングワインでもやりながら聴くジャズは最高だろう。あいにく下戸のぼくは水出しの緑茶をちびちびやりながらという情けなさ。まったく絵にならない。


この盤の音源で<My one and only love> 音質に難有り、CDははるかにいい音です。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)